中原区版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

どうして年越しは蕎麦? 中原そば商組合

教育

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
中原そば商組合の役員メンバーら(上)/設置を推奨する除菌機
中原そば商組合の役員メンバーら(上)/設置を推奨する除菌機

 大晦日に食べる「年越しそば」は、現代でも歳末の風物詩として多くの人に浸透し、親しまれている。そもそもなぜ、年越しにそばを食べるのだろうか。

 この風習は江戸時代から庶民の間に定着し、現代まで続くと言われている。由来にも諸説あり、長寿祈願、縁起物、捲土重来、健康祈願、三角縁起、運気などがある。そばが細く長く伸びるという特徴から、家運や寿命を延ばすという「長寿説」は広く知られているが、他にも、そばの実が心臓や肝臓などの「五臓」の毒を取ると信じられていたことに由来する「健康祈願説」、そばの実が邪気を払うとされる三角形であることから縁起が良いとされた説など、さまざまなものがある。

語呂合わせで縁起良い具材

 年越しそばの食べ方に明確な決まりはないが、縁起が良いとされるのが鰊(にしん)と葱(ねぎ)。「二親(にしん)」の語呂合わせから、多く子どもが生まれるようにという願いが込められた鰊。「一年の苦労をねぎ(葱)らう」という語呂合わせの葱は食欲を増進し、風邪の予防にも役立つとされている。

歴史ある中原そば商組合

 そんな年越しに、美味しいそばを販売しているのが、「中原そば商組合(佐藤敏彦組合長)」だ。1956年3月に川崎蕎麦商組合から独立して発足した組織で、現在は区内のそば屋を中心に所属。「お客様に美味しいそばを提供する」をテーマに、情報交換や研究会を行っている。

 今年はコロナ下でも安心して来てほしいと夏ごろから、光触媒で空気中のウイルスを除去する除菌・脱臭機の取り付けを組合で推奨。佐藤組合長は「皆さまに美味しいそばを提供できるよう試行錯誤しています。年越しはぜひ地元のおそば屋さんで」と呼びかける。
 

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook