中原区版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

多摩川事故、半数は夏場 消防署が注意呼びかけ

社会

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena

 気温が上がるにつれ、川遊びやバーベキュー利用者などのレジャー客でにぎわいを見せる多摩川の河川敷。それに伴い、水辺での事故も多発し川崎市内の多摩川では例年、年間の水難事故の半数が夏場に発生。中原消防署(飯田康行署長)は警戒を強めている。

 市内多摩川の水難事故に関して、昨年は出動した26件のうち13件が5月から9月に起こった。19年は30件中16件で、18年は40件中21件。中原署によると、被害者は大人が多く、酒に酔って飛び込んだり、溺れた子どもを助けようとして自身が溺れてしまうなどの二次被害がみられるという。

 中原署担当者は「溺れた場合は慌てずに浮いたまま救助を待ち、溺れている人を発見した場合はすぐに通報を。二次被害を防ぐため、むやみに助けに行くことは控えてほしい」と呼びかける。

消防庁と合同訓練

 中原署は6月2日と3日、多摩川での水難事故を想定し、消防庁田園調布消防署と合同で訓練を行った。多摩川を挟んで無線で情報交換したり、市消防局や救助隊へ状況を伝えるなど、非常時の連携作業を確認した。

 中原署は過去5年間、水難事故で35回出動。そのうち20件が死亡事故となっている。

多摩川を挟み合同訓練
多摩川を挟み合同訓練

中原区版のローカルニュース最新6

「優れた読書活動」を表彰

「優れた読書活動」を表彰 教育

北LC、市内3校を選出

6月18日号

写真供養、今年も

川崎写真師会

写真供養、今年も 文化

市内4カ所で受付

6月18日号

剣士15人が昇級

中原区剣道連盟

剣士15人が昇級 スポーツ

コロナ下でも稽古積み

6月18日号

熱中症対策を知る

熱中症対策を知る 社会

市、7月に環境セミナー

6月18日号

親亡き後の障害児者支援

親亡き後の障害児者支援 社会

26日に講演会

6月18日号

シマウマのミドリ、天国へ

シマウマのミドリ、天国へ 社会

夢見ヶ崎動物公園

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter