中原区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

多摩川スピードウェイ跡地 取り壊しに保存求める声 市民団体、築堤工事受け

社会

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
跡地で記念プレートを指さす小林さん
跡地で記念プレートを指さす小林さん

 日本初の常設サーキット場として戦前、多摩川河川敷に開設された多摩川スピードウェイ。国土交通省が進める河川敷の堤防強化工事の詳細が7月に川崎市へ通達され、跡地を取り壊す計画が判明した。これを受け、市民グループが21日、市役所で記者会見を開き、治水と跡地保存の両立を求めた。

 工事計画は今年4月、京浜河川事務所のホームページで公表され今月、設計図など詳細が分かった。今年10月から着工し、現存する多摩川スピードウェイの観客席を完全に取り壊し、盛り土や連接ブロックにより新たな堤防を造る計画だ。

 丸子橋上流の東横線鉄橋近くにあった同所は、1936年から38年にかけて計4回の全日本自動車競走大会が行われた。第1回大会にはホンダの創業者・本田宗一郎氏が参戦するなど、戦後の自動車産業を支えた人々が多く携わる場所だった。

 記者会見を開いたのは歴史的意義を発信する「多摩川スピードウェイの会」。副会長の小林大樹さん(52)は、「自動車産業はじまりの場ともいえる歴史的価値のある場所。今の一方的な通達ではなく残す方法を一度、一緒に考えてほしい」と話す。同会は工事計画に対し、新たな堤防の上に観客席を改めて設置したり、部分的に残す方法等を提案中だ。

 川崎市は2016年に策定した「新多摩川プラン」で歴史的資源として跡地の保存を明記している。市担当者は「治水が優先だが、保存に向けても調整が必要」との認識を示した。
 

中原区版のトップニュース最新6

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 政治

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

「五輪の経験」児童に披露

バレー・女子レッドロケッツ

「五輪の経験」児童に披露 スポーツ

オンラインで交流

9月17日号

コアパーク、10月開放

コアパーク、10月開放 社会

賑わい創出へ、休憩所も

9月10日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月10日号

旧イマイ街路灯、撤去へ

旧イマイ街路灯、撤去へ 社会

法政通り商店街が主体に

9月3日号

改定へ 骨子を策定

多摩川へ続く陸橋、整備へ

改定へ 骨子を策定 スポーツ

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook