中原区版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

エコ暮らし未来館 「環境守る」体験で伝え10年 来場者数13万人超え

文化

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena
環境技術を紹介する峯さん
環境技術を紹介する峯さん

 かわさきエコ暮らし未来館(川崎区)がきょう開館10周年を迎えた。地球環境について学べる体験型の施設で、年間約1万5千人が訪れ、累計来場者数は13万人超。武田薫施設長は「脱炭素の推進など社会変容にあわせて適切な情報を提供し、環境について考えるきっかけづくりを進めていきたい」と話す。

 同館が開館したのは2011年8月。東日本大震災発生から5カ月後だった。自然エネルギーへの関心が高まるなか、同館には大手企業や各地の自治体関係者らが多く訪れた。

工夫凝らし啓発

 アテンドリーダーの峯菜々子さんは「当初は低炭素を推進していたが、今はCO2ゼロが目標。社会や川崎市の取り組みの変化に、ガイド一人ひとりのレベルアップは必須」という。同館は、19年に全国で初めて導入されたEVごみ収集車の紹介や、市が力を注ぐ脱炭素や水素エネルギーの利活用などを啓発する役割も担う。峯さんは「いかに興味を持ってもらえるかが重要。日々知識を更新し、お客様と向き合っている」と話す。

 一方で、立地面の課題も。同館は川崎駅から車で30分以上かかる川崎区浮島町に位置し、「ふらっと立ち寄ってもらえる場所ではない」と峯さん。毎週土曜日の工作教室は、数年前まで時間指定制だったが、現在は開館時間内はいつでも受け付け、内容も毎回変えるなど工夫を凝らす。

 10周年を記念した「ecoフェス」をあす7日まで開催中。詳細は同館ウェブサイトで。
 

中原区版のローカルニュース最新6

学力・学習状況調査

学力・学習状況調査 教育

川崎市、全国平均上回る

9月17日号

室内で多摩川体験

室内で多摩川体験 教育

新丸子こ文に親子15人

9月17日号

黒木 登志夫さん

がん研究の第一人者で、川崎市文化賞を受賞した

黒木 登志夫さん 文化

上小田中在住 85歳

9月17日号

路地裏でつまみぐい

路地裏でつまみぐい 経済

新丸子で18日から

9月17日号

中原区構想で新方針

都市マス

中原区構想で新方針 社会

策定14年、環境変化受け

9月17日号

6人2団体が受賞

市文化賞等

6人2団体が受賞 文化

中原区からは黒木さん

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook