中原区版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

川崎フロンターレ応援特集 原点は「その先の笑顔」 クラブスタッフ 若松慧さん

スポーツ

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
仕事への熱い思いを語る若松さん
仕事への熱い思いを語る若松さん

 モットーは「川崎の人たちを笑顔に、明るく盛り上げ、愛されるチームに」。川崎フロンターレ・タウンコミュニケーション部 プロモーションリーダーの若松慧(けい)さんが今、PRに力を入れているイベントが、お笑い芸人によるステージなどを行う「噂のケンケツSHOW」だ。入社以前は吉本興業でマネージャー業として、宮前区鷺沼のマンションで共同生活を送るお笑い芸人「囲碁将棋」ら、通称「鷺沼芸人」と苦楽を共に過ごしてきた。今も吉本との交渉窓口として、このイベントに携わる。9月26日に開かれる今年も「メイド・イン・カワサキの芸人たちがステージに立って盛り上げます」と力を込める。

  今でこそ「フロンターレ牧場」「川崎の車窓から」「陸前高田ランド」など、様々なイベントに携わるが、その第一歩は公式グッズショップ「アズーロ・ネロ」での勤務。ガラポン抽選玉の詰め込み作業なども行った。華やかな業務とは対照的な非常に地道な作業だったが、「その先にはサポーターや市民が喜ぶ顔があることを学んだ」と若松さんは振り返る。この経験が「何でもやってみよう」との思いにつながったといい「仕事の原点」として胸に刻む。

 2018年のハロウィーンをテーマにした「KAWAハロー!ウィンPARTY」も忘れられない出来事。選手全員による本気の仮装をSNSでアップするフロンターレらしい企画だが、周囲からは「選手にイベントをやらせているから優勝できない」との声も聞こえてきた。それを打ち消したのが中村憲剛選手(当時)だった。イベント当日は劇的な逆転勝利を収め、試合終了後、中村選手が若松さんを引き寄せて「やったな」と喜んでくれた。若松さんは「本当にうれしかった。仕事の自信につながった」という。

 若松さんが仕事を進める際、頭に浮かぶのは「せっかくだから」という吉本時代の上司から学んだ言葉。せっかくだからの後には、「〜してみよう」「〜したら楽しくなるのでは」との言葉がつくといい、「人とは違うアプローチ方法を探る手掛かりになっている」という。

 また、「常に何かネタになるエピソードはないか」と探している芸人たちの姿を見て「アンテナを張り巡らせる大切さを実感した」とも語る。サポーターや市民に楽しんでもらうフロンターレの取り組みにも共通し、「芸人さんたちと接した経験は今の財産になっている」と力を込めた。
 

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook