中原区版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

川崎市平和館 「NO WAR」生徒ら訴え あす18日から企画展

社会

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena
生徒が制作したポスターや詩
生徒が制作したポスターや詩

 ロシアによるウクライナ侵攻、ミャンマー国軍による市民弾圧が続く中、川崎市内の中高生らが世界平和を訴える企画展が、6月18日から市平和館(木月住吉町33の1)で開催される。生徒らが思いを込めて制作したポスターや手紙、動画など数百点が展示される。

 「我々の手は平和を作るためにある、争うためではない」――。反戦などのメッセージを送るのは、市立橘高校(中丸子)など市内外の中高7校の生徒ら。ロシアによるウクライナ侵攻や、ミャンマーで起きている市民弾圧に抗する思いを込めた作品は、絵やイラストを用いたポスターが約60点、手紙や詩など活字形式の作品が約80点、数分にまとめた動画が約20点に上る。生徒39人が参加する市立橘高国際科1年の担任、植村利英子教諭は「ちょうど授業で世界平和について学んでいた時、企画展が行われることを知った。生徒らの純粋な気持ちを発信できる良い機会になると思う」と期待を込める。

 同館が今回のテーマで学校と連携して企画するのは初めて。専門調査員の暉峻(てるおか)僚三さんは「ミャンマー、ウクライナともに、国の軍隊の矛先が人間に向けられている状況に対し、中高生がどんなメッセージを出せるのか。若い世代を含め多くの方に感じ取ってもらい、身近な平和を考える機会にもしてもらえたら」と話す。

 企画展では、来場者から平和へのメッセージを募るコーナーも設置。趣旨に合った内容については、会場内のボードに掲示する予定という。

 期間は6月18日(土)から7月18日(月)まで(休館日除く)。午前9時から午後5時まで、入場無料。問合せは同館【電話】044・433・0171。

中原区版のトップニュース最新6

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから、利便性向上へ

7月1日号

公開空地 にぎわい演出

武蔵小杉駅前

公開空地 にぎわい演出 社会

子育て7団体が「SDGs」

7月1日号

夜間に初の排水訓練

上丸子山王町

夜間に初の排水訓練 社会

市、特殊マンホールで

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

「NO WAR」生徒ら訴え

川崎市平和館

「NO WAR」生徒ら訴え 社会

あす18日から企画展

6月17日号

新改札口、NEC隣に

横須賀線武蔵小杉駅

新改札口、NEC隣に 社会

JR北口からのルート短縮

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook