神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2023年9月15日 エリアトップへ

日医大武蔵小杉病院 震災想定し初のヘリ訓練 搬送時も素早い連携

社会

公開:2023年9月15日

  • LINE
  • hatena
ヘリコプターから患者を運ぶ隊員ら
ヘリコプターから患者を運ぶ隊員ら

 日本医科大学武蔵小杉病院(谷合信彦院長)が川崎市と連携し、ヘリコプターを使った患者の搬送訓練を9月5日に初めて実施した。関東大震災から100年を迎え、大規模災害に対する対応力の向上などが目的。関係者ら58人が参加し、緊急時の実践に即した患者の搬送作業を確認した。

 ヘリコプターで搬送が必要となるケースは、災害で交通網が麻痺し緊急車両が通行できない場合や、東京と横浜をつなぐ橋が崩れ、交通遮断が生じた場合など。この日の訓練では、区内の災害現場から同院への患者の受け入れと、入院患者の転院を想定し実施。約20キロ離れたある東京ヘリポート(東京都江東区)内の川崎市航空隊基地から同院までを約10分で飛行し、搭乗していた患者をストレッチャーで屋上エレベーターホールまで搬送。同院の医師と看護師が病院ストレッチャーに患者を乗せ、エレベーターまで運び込んだ。一方、転院搬送は、ヘリコプターに乗る動きや流れの要領を得るため、入院患者を航空隊のストレッチャーに載せ替え、機内に搭乗させ、離陸まで約5分で終えた。ヘリコプターには、往復路で別々の同院医師と看護師が乗り込み、狭いヘリコプター内での応急処置などの動きの確認をした。

 今回の訓練を終え、谷合院長は「病院のヘリポートが十分活用できることが立証された。一方、同院のある小杉は高層建物が多くビル風が強いため、ヘリの安全性に課題もある。地域との関係も強めながら定期的に訓練を重ね、最終的には病院職員だけで対応していけるようにしたい」と話した。

「離着陸対応」市内で7病院

 緊急用のヘリコプターが離着陸できる場所を持ち合わせた病院は市内で7カ所。谷合院長は「私立病院と川崎市が垣根を越えて一緒に対応する第一歩となった。これを機に連携を強め、地区の安全を守っていきたい」とした。

中原区版のトップニュース最新6

宮内中(女子)・西中原中(男子)が県Ⅴ

ハンドボール

宮内中(女子)・西中原中(男子)が県Ⅴ

「全国制覇」目指し

12月8日

認知症予防に「昭和の本」

バナナ園G介護施設

認知症予防に「昭和の本」

沖縄国際大の学生が考案

12月8日

ろうそくで希望の「光」

障害者就労支援

ろうそくで希望の「光」

3者連携で、商品化へ

12月1日

最先端医療の研究拠点

キングスカイフロント

最先端医療の研究拠点

市、大和ハウスと連携し

12月1日

今井小で「逃走中」

今井小で「逃走中」

PTA、児童と交流目的に

11月24日

防災力強化、「自助」啓発も

川崎市

防災力強化、「自助」啓発も

新庁舎拠点に

11月24日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

  • 11月24日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2023年12月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook