神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年4月19日 エリアトップへ

能登半島地震復興ソング 仲間と歌いつなぐエール 市長や市議も「個人」で参加

文化

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
多様な立場の人々が企画に賛同し、歌声をつないだ。右1列目の上から2番目が山田さん
多様な立場の人々が企画に賛同し、歌声をつないだ。右1列目の上から2番目が山田さん

 能登半島地震の被災地にエールと寄付を届けようと、川崎市内で活躍する50数人による「Kawasaki All Stars」が4月1日、復興支援ソングをリリースした。曲名は『あの日のありがとうを、誰かの希望に』。配信サイトで1曲153円で販売し、赤十字を通じて被災地に寄付する。

 もう一度と立ち上がる時まで寄り添い奏でるよ みんなで――。歌詞には、被災地へのエールがちりばめられている。

 復興支援ソングプロジェクトを企画し作詞作曲を手掛けたのは、ラジオドラマ制作などマルチな活躍を続ける音楽クリエーターのナヲキングさんだ。2011年の東日本大震災の際にチャリティーソングを匿名で制作して売り上げを寄付した経験があり、今年の元日に発生した能登半島地震の被害の大きさに、2日には「支援につながるチャリティーソングを作ろう」と考えたという。

思いを届けたい

 このプロジェクトに、かわさきFM内の番組「ぐるっ人川崎」を担当するメンバー10人と、川崎を拠点に活動するスポーツチーム、地域アイドルや高校生バンドなど、50人以上が歌い手として参加した。「肩書とは関係のない個人の立場で」という条件付きで、福田紀彦市長や市議会議員たちも参加している。

 東日本大震災の時はナヲキングさん一人で完結したが、今回は「たくさんの人で歌いつなぐ曲にしよう」と決めていた。その理由を「一人一人の思いを届けられる形にしたかった」と語る。企画を着想し、思いを「ぐるっ人川崎」の仲間たちに共有したところ、「素晴らしい」「参加したい」など共感が広がった。参加者を募集すると、1週間ほどで予想を超える人数が集まった。

 楽曲の制作は、一人一人が割り振られたパートを各自スマホで録音し、メールでナヲキングさんのもとに音源を集約した。完成したのは3月下旬。「こんなに大勢で歌いつなぐ曲を作ったのは初めて。1曲の中に様々な変化があり、思いがけない表情が生まれた」と手ごたえを語る。

 「iTunes Store」など各配信サイトで9月30日まで配信中。問い合わせはメール(nawoking@gmail.com)で。

中原区版のトップニュース最新6

犬のおやつで障害者支援

ワンこめプロジェクト

犬のおやつで障害者支援

川崎市獣医師会も協力

5月24日

国の「交流拠点」モデルに

等々力緑地

国の「交流拠点」モデルに

収益性の計画などを評価

5月24日

「バスジャック」想定、初訓練

「バスジャック」想定、初訓練

化学剤への初動措置も

5月17日

新日本学園に支援基金

漫画家・迫稔雄さん

新日本学園に支援基金

「子どもの可能性広がる」

5月17日

防災計画、8年ぶり改訂

武蔵小杉駅周辺

防災計画、8年ぶり改訂

滞留・帰宅困難者対策が主

5月10日

「支援の輪」次の段階へ

こども食堂

「支援の輪」次の段階へ

寄付増加、物流に課題

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook