麻生区版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

ホワイトファミリーつつみ先生の 歯ウ・トゥ・ケア How To Care vol.05最適な治療とは…(4)海外との意識の違い

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

 欧米の口腔ケアで当たり前になっていることの一つに「噛み合わせ」への高い意識があります。

 幼少期から思春期までの期間に歯並び治療の矯正を推進して、正しい噛み合わせを誘導していくのには大きな意味があります。噛み合わせには、脳の活動バランス維持や、精神思考面と身体の機能にも影響を及ぼすことが解ってきたのです。

 (五輪など)アスリートの世界を見ても、海外選手は皆、綺麗な噛み合わせで、顔の歪みはありません。スケートの羽生結弦選手の弱点は呼吸と言われます。彼の下顎は左にずれていて(左の噛み合わせが弱く)、顔も右が発育して、左顎が小さくなっています。おそらく矯正をして、歯列を便宜抜歯していると思われますが、歯列の奥域が狭くなり下顎がかなり小さいのです。それらの影響から顎の中の舌位置は奥に押し出され、常に上咽頭と中咽頭が狭くなっています。無意識に口呼吸を繰り返すことで気管支炎を引き起こし、喘息気味なっています。

 こういう顔面の形態を「アデノイド顔貌」と言いますが、現代の若い人に非常に増えています。噛み合わせを理解する歯科医のアドバイスを受けながら、正しい噛み合わせの誘導を行ってほしいと思います。
 

育児・家事の両立OK!

第一生命 鶴川営業オフィス(☎050-3782-2910 担当:宮川)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

<PR>

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月24日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月17日号

ナラ枯れ大発生

区民記者が走る! vol.5 2021年 September

ナラ枯れ大発生

9月17日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験

10月5日から 麻生市民館で

10月1日~11月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook