川崎区・幸区版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

川崎警察署長に就任した 鳴海 達之さん 幸区在住 57歳

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

安心して歩ける街を目指して

 ○…中学生が被害に遭った事件の只中にある3月11日に就任した。「将来のある少年ですよ。本当にいたたまれない」と、署長である前に、1人の大人の立場としての率直な事件への思いを語る。「2度とこのような事件が起こらないよう、行政と情報交換をしながらパトロールの強化、子ども達が集まる場所での積極的な声掛けをこれまで以上に行っていく」と決意は固い。地域住民の不安を払しょくできるように、安心して歩ける街づくりを目指す。

 ○…青森県青森市出身。小学校卒業と同時に小田原市へ越した。高校卒業後は市内の電機会社2社に務め、自動制御装置の組み立てや輸出用音響機器の基盤の不具合を検査する仕事に身を置いた。20歳のとき、近所に住む小田原署の警察官に「試験を受けてみたら」と誘われ、別畑へと足を踏み入れた。初めての配属先は藤沢署。そこで、盗難届が出ていたオートバイが川に沈んでいるのを発見し、持ち主に返した。肩を落としてトボトボと帰る後ろ姿を見送ると、怒りに打ち震えた。「何故自分は何もしてあげられないのか」。このとき抱いた無力感が、刑事を目指す原点となった。

 ○…第一機動隊、機動捜査隊等を経て、刑事総務課長、捜査1課管理官、課長など刑事畑を歩んできた。前任は、刑事部の組織犯罪対策本部長。「被害者の涙を思えば、犯人を100%捕まえなければ」と、仕事では鬼軍曹を貫いた。10年から12年までは高津署の署長も務め、3年ぶりに川崎へと戻った。

 ○…昼食は毎日、お手製の弁当。刑事課や機動捜査隊時代に夜食用にと、煮込みうどんやカレー、味噌汁などを作って腕を磨いたおかげで「何のこれしき」。単身赴任の身でも、あまり困ることはないという。「いつか、妻と娘と一緒に旅行に行こうと決めているんです」と笑顔。「ルーブル美術館で文化に触れ、素晴らしい街並みも見てみたい」。行先は花の都、パリだ。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

石塚 昌夫さん

交通遺児チャリティー「つくし会」の代表を務める

石塚 昌夫さん

幸区南加瀬在住 60歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

山田 隆さん

川崎臨港警察署長として陣頭指揮を執る

山田 隆さん

川崎区富士見在住 57歳

10月25日号

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

日蓮宗 了源寺の住職に就任した

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

幸区北加瀬在住 49歳

10月18日号

吉原 崇徳さん

川崎区・幸区で小学生の学習サポートを行う「つばき学習会」の代表を務める

吉原 崇徳さん

市内小学校勤務 28歳

10月11日号

清水 昭人さん

9月5日付で川崎警察署長に着任した

清水 昭人さん

幸区在住 58歳

9月27日号

赤根 広志さん

若宮八幡宮で「OYASHIROFES」を企画する

赤根 広志さん

川崎区出身 39歳

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク