川崎区・幸区版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

明日、健康イベントを開催するNPO法人姿勢教育の孝心会理事長を務める 溝井 直孝さん 幸区塚越在住 47歳

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena

人づくりから街づくりへ

 ○…東田公園(川崎区)を活用してイベントをしたい団体同士をつなげて地域活性を図りたい。そんな思いで立ち上げたのが川崎区との協働事業「やってみたいができる東田公園まちびらきプロジェクト」だ。第一回目の取り組みをあす31日に行う。今回は地元のスポーツクラブと体操教室をコラボ。「コロナに勝つ」をテーマに、免疫力を高めるための逆立ち教室や、バランスの良い食事を紹介するセミナーなどのイベントを開く。「初めての開催でどれだけ人が来るかもわからない」と言いつつ、自身が手掛ける「街づくり」に意気込む。

 ○…コミュニティーハウスの管理運営を3年前から担う。もともと同ハウスで合氣道教室を開いていた。前管理団体の撤退に伴い、教室を維持するため、合気道仲間と設立したNPO団体名で引き継いだ。当時の公園はごみが散乱するなど「危なく汚いイメージ」。公園に人を集めたい、活用してもらいたい思いからごみ拾いや声掛けを行い環境の改善を図った。

 ○…合氣道歴は5歳から。弱かった体を鍛えるために始めた。専門学校卒業後、設計士として働いていたが、道場で人が成長する様を見て「人づくり」をしたいと思い、27歳で内弟子に。10年前に自分の合氣道を目指し独立。「身体の使い方・姿勢に特化し、メンタルに対しても前向きな姿勢をつくる」ものにしたいと理想を追求する。

 ○…陸上、サッカー、ラグビー、総合格闘技、剣術、槍術、茶道など興味を持ったものは何でも試した。「やりたいことは何でもチャレンジする。失敗して気づくこともある」と前向きだ。小学5年生と6年生の息子も教室に通う。「将来、合氣道の先生になるんだと言ってくれてます」と目を細めた。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

高田 健二さん

全日本ベテランテニス選手権の男子85歳以上ダブルスの部で優勝した

高田 健二さん

幸区神明町在住 85歳

10月15日号

中村 博基(ひろもと)さん

大師稲荷神社の宮司に就任した

中村 博基(ひろもと)さん

川崎区中瀬在住 41歳

10月8日号

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーを務める

小倉 正さん

横浜市中区在勤 77歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook