川崎区・幸区版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

第71代川崎駅駅長を務める 磯崎 正彦さん 厚木市在住 60歳

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena

「各駅・特急」の鉄道人生

 ○…市内の玄関口である川崎駅駅長に6月1日付で就任した。1日の平均乗車数は約21万5千人、JR東日本で11番目の多さを誇る同駅。「駅に人が集まればまちに賑わいが生まれる」がモットーだ。その手始めとして7月1日に「ミューザ川崎シンフォニーホール」のイベントを駅西口に完成したばかりの「カワサキデルタ」で行うことにも携わる。「秋には南武線と鶴見線を中心に盛り上げていく構想もある」と目を輝かせる。

 ○…町田市出身。もともとは鉄道に興味はなく、「高校時代は地元で家業のガラス屋を継ぐつもりでいた」が、兄が実家に戻ってきたことで、歯車関連の会社に就職。その後、1982年に旧国鉄に転職したのは鉄道マンだった祖父の跡を継いでほしいという母親の希望でもあった。

 ○…入社以来、新鶴見操車場を皮切りに、新宿駅、中野駅、お茶の水駅、原宿駅、立川駅、稲城長沼駅、三鷹駅、八王子駅、八王子地区センターなど異動を繰り返した。駅長は今回で5度目。前任は武蔵溝ノ口駅長だった。これまでのキャリアを鉄道に例えるならば「異動が多かったから各駅停車だけど、夢だった駅長になったので『各駅・特急』かな」

 ○…思い出深いのは相模湖駅長時代。イルミネーションで有名な「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」とタッグを組み企画を実施。特急「かいじ号」の期間限定での停車に力を尽くした。本社からJR東日本のキャラクター「Suicaのペンギン」のオブジェを借り、駅をイルミネーションで飾り付けもした。こうした自身の経験から若い人には「自分の成長や会社の発展のためになると思ったら、いろんなことにチャレンジしてもらいたい」とエールを送る。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーを務める

小倉 正さん

横浜市中区在勤 77歳

9月3日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

川崎パシフィック法律事務所代表弁護士 44歳

8月27日号

堀田 彰恵さん

公益社団法人川崎市看護協会の会長に就任した

堀田 彰恵さん

中原区在勤 60歳

8月20日号

大野 誠さん

幸区ソーシャルデザインセンター「まちのおと」のロゴマークをデザインした

大野 誠さん

幸区塚越在住 45歳

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook