神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2021年7月16日 エリアトップへ

旧川崎球場 照明塔、来年度から撤去 遺構の保存、焦点へ

社会

公開:2021年7月16日

  • LINE
  • hatena
旧川崎球場からの遺構「照明塔」
旧川崎球場からの遺構「照明塔」

 富士通スタジアム川崎(川崎区富士見)で旧川崎球場時代から使われている照明塔3基について、川崎市は来年度から順次撤去する準備を進めている。市はこのうち1基をモニュメント化することを検討。ただ、保存方法については未定で、市民団体の要望や市議会での意見がどう反映されるかが今後の焦点となる。

 現段階で撤去のスケジュールや解体方法について市は「未定」としている。モニュメント化に向けて、市はコンサルタント業者と委託契約を交わした。市の担当者は業者からのアイデアをもとにモニュメント化していきたいとし、「現状を維持したままの保存という考えはない」との認識も示した。

 一方、主にプロ野球やプロレスファンの間では、照明塔が歴史的に価値があるものとして評価の声が聞かれる。「照明塔がどこに建っていて、どんな大きさだったのか見てわかるのが重要」という意見もあり、現状での保存を求める声も根強い。一昨年には市民団体が「川崎球場遺構保存に関する請願」として、3基の照明塔と広告を掲載していた企業名の跡が残る外野フェンスを保存するよう、市議会に提出。昨年2月6日の市議会まちづくり委員会で審議された。市議会議員は安全の確保の観点から、撤去に理解を示しつつも「風景自体が文化財」「市内外から保存を求める意思表明をくみ取るべき」「市の新たな観光施設として活用した方が良い」「スポーツ文化継承において重要なもの」「民間の知見のある人と知恵を出し合って価値を見出すことが必要」と指摘。趣旨採択されていた。市は、市民団体の意見なども聞いていきたいとしている。

 照明塔は高さ39メートルで1954年に設置され、61年に改修された。改修当時は日本一の明るさを誇っていたという。現在はさびが多く発生し、部材の一部に変形が見られる。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

県看護賞を受賞

川崎幸病院佐藤さん

県看護賞を受賞

教育システム構築など評価

5月24日

東芝、川崎に本社を集約

東芝、川崎に本社を集約

市長「連携さらに進化」

5月24日

「支援の輪」次の段階へ

こども食堂

「支援の輪」次の段階へ

寄付増加、物流に課題

5月17日

「第4期」の5年で半減

川崎市

「第4期」の5年で半減

ホームレスの支援計画

5月17日

25年12月に完成予定

(仮称)川崎市民館・労働会館

25年12月に完成予定

26年2月の供用開始めざす

5月10日

川崎の業者が「助っ人」

多死社会

川崎の業者が「助っ人」

都会の遺体安置場所不足

5月10日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook