川崎区・幸区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

渡辺治建築都市設計事務所 ジョンソンタウンで評価 グッドデザイン賞金賞アジア都市景観賞

社会

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
設計模型を横に受賞の喜びを語る渡辺所長
設計模型を横に受賞の喜びを語る渡辺所長

 日本デザイン振興会が主催したグッドデザイン賞で昨年、川崎区鋼管通の「渡辺治建築都市設計事務所」(渡辺治所長)が手掛けた埼玉県入間市の「ジョンソンタウン」が、金賞を獲得。年末には国連ハビタット主催の「アジア都市景観賞」も受賞した。居住者同士の会話や交流が生まれるコミュニティーづくりに成功し、多くの観光客が訪れることでも知られるジョンソンタウンのまちづくりは、川崎のまちづくり活性のヒントにもなる。渡辺所長に話を聞いた。

 賞は土地を管理、運営する磯野商会との共同受賞。インクルーシブなまちづくりを進めていることが評価された。

 ジョンソンタウンは、旧入間基地前の荒廃していた米軍向け住宅地を再生させた約2・5ヘクタールの賃貸住宅地。現在、175人、90世帯が住んでいる。

 渡辺所長らは2002年からジョンソンタウンの再生に関わる。当初は「磯野スラム」と呼ばれ、住宅は老朽化、居住者は高齢化し、子どもは一人もいなかったという。

 目指したのは、「誰もが楽しく、永く住める『安心安全タウン』」。渡辺所長らは「米軍ハウス」という文化遺産を改修、保全しながら平成ハウスと呼ばれる現代的低層新築住宅を織り交ぜた景観をつくりあげた。居住者同士の会話をする機会ができるよう、回遊性のある街路や、1階を店舗にできる住宅を建てた。

 バリアフリーへの配慮や社会福祉法人との協力関係を築き、社会福祉法人がアパートを一棟借りして、そこに障がい者が住み、緑の世話の仕事を請け負っている。

 今や【1】若い人が脱サラして夢を実現できるまち【2】子育てしている主婦が自分の夢を追えるまち【3】リタイヤ後の高齢者が夢を実現できるまち【4】障がい者も働きながら住み続けるまちへと進化。渡辺所長は「このまちは完成していない。さらに福祉の充実を図ることができる」と語る。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

地域活性へ決意新た

地域活性へ決意新た 経済

「かわさき餃子舗の会」

5月27日号

川崎・幸区充足率、9割台

民生委員児童委員

川崎・幸区充足率、9割台 社会

12月改選へ、広報続く

5月27日号

歌とマリンバと絵の競演

6月4日

歌とマリンバと絵の競演 文化

川崎ファクトリーで

5月27日号

川崎大空襲知る写真展

プラザ田島

川崎大空襲知る写真展 社会

6月1日から15日

5月27日号

川中島・伊勢町・大師駅前V

川中島・伊勢町・大師駅前V スポーツ

大師地区女子バレー大会

5月27日号

中学校給食 献立募る

川崎市

中学校給食 献立募る 社会

初の生徒投票も

5月27日号

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook