神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年6月14日 エリアトップへ

「こども誰でも通園制度」 川崎市 6月24日から試行実施

社会

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
市の試行事業開始のチラシ
市の試行事業開始のチラシ

 川崎市は6月24日から、親の就労の有無に関係なく子どもを保育所などに預けられる国の新たな制度「こども誰でも通園制度」の試行実施を始める。これに先立ち、6月17日から市内45の実施施設で利用申し込み受付を開始する。

 「こども誰でも通園制度」は、保護者が働いているかどうかに関係なく未就学の子どもを保育所などに通わせることができる制度。国は2026年度の本格実施を目指しており、全国各地で試行実施が始まっている。川崎市でも試行事業に参画する施設を公募のうえ、条件を満たす45施設を決定していた。

 川崎市での利用条件は、市内在住の0歳6か月から満3歳未満の子どもで、保育所や幼稚園、認定こども園などに在籍していないこと。利用料金は1時間300円(減免措置あり)で、子ども一人につき月10時間を上限に利用できる。

 希望者は、利用予定の施設に申し込みの上、事前面談で子どものアレルギーなどの聞き取りを行う。利用登録は子ども1人につき1施設のみ。

 詳細は市のウェブサイト(【URL】https://www.city.kawasaki.jp/450/page/0000166193.html)。制度に関する問い合わせは市の保育・幼児教育部保育第一課(【電話】044・200・2662)。

サマーウエディングフェア

22,000円相当の婚礼メニューから抜粋した「ミニコース無料試食」やチャペル見学など

https://www.kawasaki-nikko-hotel.com/wedding

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

川信が通常総代会

川信が通常総代会

理事専任と監事改選

7月12日

きゅうり祭り大賑わい

きゅうり祭り大賑わい

小倉神社 2千本配布

7月12日

一部施設で配食を試行

「わくわくプラザ」

一部施設で配食を試行

配送費は事業者が負担

7月12日

外国人の人権状況紹介

連絡会が白書発刊

外国人の人権状況紹介

「多文化共生実現に役立てて」

7月12日

ナシの変化を観察

ナシの変化を観察

南河原小5年生

7月12日

浅田三・四丁目が初優勝

浅田三・四丁目が初優勝

川崎区女子バレー大会

7月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook