さがみはら中央区版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

マニフェスト大賞 「銀河連邦」が特別賞 復興支援・ネーミングで評価

写真左より箭内道彦さん、柳田清二・長野県佐久市長、阿部健・相模原市危機管理監
写真左より箭内道彦さん、柳田清二・長野県佐久市長、阿部健・相模原市危機管理監

 地方政治で地道な活動を積む人々にスポットライトを当てる、第7回マニフェスト大賞(主催/同実行委員会)がこのほど発表され、相模原市のリードによる「銀河連邦」(相模原市を含む6市町)が審査委員会特別賞に選ばれた。

 この特別賞は1376団体による1889件すべての応募が対象。特別審査委員を務めた、クリエイティブディレクター・箭内(やない)道彦さんの視点から選考が行われた。箭内さんは『NO MUSIC,NO LIFE』(タワーレコード)のコピーや、東京メトロ「TOKYO HEART」のコマーシャルなど知られているトップクリエイターだ。

 今回の大会は「地域から新しい日本をつくろう」がテーマとなっており、「震災復興支援・防災対策賞」を新設。「銀河連邦」はその審査において、評価を受けた。特別賞選定の理由は、「宇宙関連施設でつながれたそれぞれの市町が、共和国を名乗り、宇宙に浮かぶ銀河になぞらえて、パロディの精神で25年間にわたり、経済や文化の交流を継続している」。そして「そのつながりが結果として実際の東日本大震災の際、被災地大船渡市の支援に大きく役立った」。また、箭内さんは、「銀河連邦は夢があって、ネーミングのセンスがいい」と評価した。

 銀河連邦とは、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の研究施設が縁で交流をしている秋田県能代市、岩手県大船渡市、相模原市、長野県佐久市、鹿児島県肝付町、北海道大樹町のこと。

 なお、マニフェスト大賞の最優秀賞には倉敷市議会青空市民クラブ(岡山県倉敷市)、飯田市議会(長野県飯田市)、流山市議会(千葉県流山市)等が選ばれていた。
 

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「相模原事典」を作成

郷土史家涌田夫妻

「相模原事典」を作成

4月5日号

計画案策定を延期

淵野辺駅南口再編

計画案策定を延期

4月5日号

「100年クスノキ」後世に

相原高校

「100年クスノキ」後世に

3月29日号

新たな動脈「東西道路」開通

ダムアワードを初受賞

相模・城山宮ヶ瀬ダム

ダムアワードを初受賞

3月22日号

東海大相模にエール

選抜高校野球大会出場

東海大相模にエール

3月22日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク