さがみはら中央区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

相模原市 訪相旅行者の実態把握へ リニア見据え具体策検討

文化

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena
市観光協会のHP
市観光協会のHP

 市は、近年増加傾向を見せる外国人旅行者への対応を本格化させようと、県が行う調査を活用し、相模原を訪れる外国人の実態把握などに乗り出す方針だ。外国人旅行者については、市内で営業する民間企業でも大きな商機と捉え、外国語での案内などを強化する動きがある一方、地元を基盤に営業を続ける商店などの人々にとっては、慣れない外国人旅行者への対応に戸惑いも広がっている。

 外国人旅行者を巡っては、東日本大震災が発生した2011年の翌年から増加傾向が続いており、今年4月には単月で過去最多となる208万人が来日した。政府は外国人旅行者への対応を含む観光業を成長産業の一つと捉え、2020年には年間4000万人が日本を訪れる観光先進国をめざしている。

 相模原市にもここ数年、外国人旅行者が多く訪れるようになり、最近では都内で宿を確保できない団体客などが市内のビジネスホテルを利用するなど需要も増えている。そうした状況に加え、2027年にはリニア中央新幹線が開通し、橋本新駅が設置される予定で、更に多くの外国人が相模原を訪れる可能性が高いことから、市では外国人旅行者の実態把握に取り組む方針だ。

 当面は、県が行う外国人旅行者の動向調査を活用しながら市内を訪れる外国人旅行者数や行動パターンを把握し、今後実態をつかんだ上で、市ならではの具体的な施策の実行に生かす考え。そのほかに、市観光協会のホームページへの自動翻訳機能追加や、観光地での公衆無線LANサービスの整備などにも取り組んでいく予定だ。

民間では温度差も

 市内の大手ホテルやショッピングセンターの中には、外国人旅行者の増加を商機と捉え、外国語を話せるスタッフの配置や、外国語での商品表示などの取組みを進めている企業もある。一方、地元で営業を続ける商店会加盟店などでは、「外国人旅行者は団体で店に来ることが多く、常連のお客さんの迷惑になってしまう」などと否定的な見方も少なくない。ある区内の商店会関係者は「外国人旅行者の増加が一過性のものなのかを見極めて、今後、外国語表記のパンフレットの作成などを検討したい」と話した。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

外務大臣表彰を受賞

相模原拠点NPO

外務大臣表彰を受賞 社会

インドシナ難民支援で

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

最後のTLに挑む

三菱重工相模原

最後のTLに挑む スポーツ

初戦はアウェー、クボタ戦

1月14日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 新しい学習資料展

    相模原市立博物館レポvol.21

    新しい学習資料展

    民俗担当学芸員 山本菜摘

    1月14日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク