さがみはら中央区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

二輪でアジア制す 上南高 中村大輝(ひろき)さん

スポーツ

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
「No.1」のポーズを決める中村さん(上)アジア各国でのレースに臨んだ(右下)チャンピオン獲得時(左下)
「No.1」のポーズを決める中村さん(上)アジア各国でのレースに臨んだ(右下)チャンピオン獲得時(左下)

 日本を含めたアジア大洋州地域から、若手のオートバイライダーを選抜し、将来、世界の舞台で活躍するライダーを育成する目的で開催されているオートバイレース「アジア・ドリーム・カップ」で、上溝南高校に通う中村大輝さん(17)が、シリーズチャンピオンに輝いた。

 日本、タイ、マレーシア、インド、インドネシアの各サーキットで年間6戦12レースを戦い、その獲得ポイント数でシリーズチャンピオンの座を争う同カップ。オートバイレースの世界最高峰「MotoGP」の登竜門的大会「CEVレプソルインターナショナル選手権」など、世界に繋がる大会としても知られ、アジア各国で活躍する若手ライダーがしのぎを削っている。

 中村さんは、同カップに2015年シーズンから参戦。昨年は年間2位で終えていたため、今年は「絶対にチャンピオンを獲る」と強い気持ちで大会に臨んだ。中村さんは初戦2レースで優勝し、スタートダッシュを決めると、全12レース中7勝を獲得。その言葉通り、見事雪辱を果たし、チャンピオンに上り詰めた。出場選手全員が同じオートバイを使用するため、混戦必至の激しいレースが展開される中、中村さんは、冷静にレース展開を見極めながらも、接触をものともせず、「前に出る」気持ちを常に持つよう心掛けたと笑顔を見せた。

 中村さんがはじめてオートバイに跨ったのは、小学4年生の時。ある日、緑区藤野地区にあったコースで子どもたちがポケットバイクに乗り、元気に走り回る様子を見かけたのがきっかけ。中学時代には、国内で多くのトップライダーを輩出する鈴鹿サーキットレーシングスクールで鍛錬を積んだ。高校入学後は、学業や部活動で練習時間が限られる中、県外のサーキットで練習を行いつつ、ロードバイクでのトレーニングを行うなど、練習の量よりも質を上げることに注力。「レースで勝って嬉しかったり、負けて悔しかったり色んな思いをしながら、上手くライディングできたり、コースレコードが更新できたりしたときに達成感を感じる」と中村さんはその魅力を語る。今後は、大学に進学しつつ、オートバイを楽しんでいきたいと話した。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

最後のTLに挑む

三菱重工相模原

最後のTLに挑む スポーツ

初戦はアウェー、クボタ戦

1月14日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

チーム全員で「完全優勝」へ

青山学院大学

チーム全員で「完全優勝」へ スポーツ

箱根駅伝で絆つなぐ

1月1日号

新時代  生活基盤を最優先

新時代 生活基盤を最優先 社会

本村市長 市政を語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク