さがみはら中央区版 掲載号:2018年2月8日号
  • LINE
  • はてぶ

ゴルファー山口すず夏さん 日本人初の快挙達成 豪アマ選手権で優勝

スポーツ

帰国後、笑顔で取材に答える山口さん=1月30日
帰国後、笑顔で取材に答える山口さん=1月30日
 南区在住のアマチュアゴルファー・山口すず夏さん(共立女子第二高校2年)が、1月16日から21日まで西オーストラリア州パース郊外で開かれた「オーストラリア女子アマチュア選手権」に出場し、日本人として初めてとなる優勝を飾った。

 大会には世界各国から75人が出場。2日間36ホールによる予選が行われ、32人が勝ち抜き方式のマッチプレーに進出した。その後、5試合(決勝のみ36ホール、それ以外は18ホール)を戦って勝者を決めた。

 6日間で8ラウンドを戦うため、「体力、集中力の維持が難しかった」と振り返った山口さん。それでも予選を2位で通過すると、マッチプレーでも快進撃を見せ、決勝も韓国のチョ・アイエン選手に完勝。男子の中島啓太さん(代々木高校2年)とともに、男女揃ってアベック優勝を果たした。同大会を日本人が制するのは初めての快挙となる。

 大会にはアマチュアランキング上位による「JGAナショナルチーム」の日本勢6人も出場したなか、山口さんは昨年に続き個人で参加。「ライバル意識はありました」と認めながらも、「環境に関係なく最低でもベスト4以上を目標にしてきた。対戦相手も強かったので、優勝できたことは素直に嬉しかった」と話した。

アマでのトップに

 次の試合は、今大会に優勝したことで参加資格を得た「オーストラリア女子オープン」(15日開幕)。同大会にはアメリカを拠点に活動するプロゴルファーで、良き先輩でもある畑岡奈紗選手も参加予定だという。実はオーストラリア女子アマチュア選手権への参加も、畑岡選手に勧められて決断したそうだ。「目標にするプロと回れる機会。最低でも予選を通過し、さらにアマチュアの中では1位になりたい」と意気込んでいる。

 7歳から父と兄の影響でゴルフを始めた山口さんは、2013年、14年と県アマチュアゴルフ選手権ジュニアの部を連覇。鵜野森中学校(南区)在学時の15年には、史上最年少(14歳11か月)で全米女子オープンに出場した。現在は学校での部活とともに、地元・相模原の練習場「ボールパーク」(宮下)などでも汗を流す。同施設の澤智樹支配人は「スタッフだけでなく、ここに通うお客さんを含めボールパーク一丸で応援しているので、頑張ってほしいです」とエールを送った。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6件

「生きた化石」北里大に

風しん患者 4年ぶり報告

相模原市

風しん患者 4年ぶり報告

10月25日号

「パラスポ祭典」で共生啓発

若者集う「映える」西門に

初のコラボレーション

ノジマステラ×タウンニュース

初のコラボレーション

10月11日号

車パンク被害100台超

上溝2・3丁目付近

車パンク被害100台超

10月11日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月25日号

お問い合わせ

外部リンク