さがみはら中央区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

水泳飛込み競技 来春、相模原で世界大会 富士市に続き国内2例目

スポーツ

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena
(上)会場となるさがみはらグリーンプール=23日撮影(下)大会に参加予定の坂井選手(写真は以前の本紙取材時)
(上)会場となるさがみはらグリーンプール=23日撮影(下)大会に参加予定の坂井選手(写真は以前の本紙取材時)

 水泳・飛込み競技の世界大会「FINAダイビングワールドシリーズ」が来年3月、市内のさがみはらグリーンプール(中央区横山)で開催されることとなった。同大会は今年3月に初めて国内で開催され、今回の相模原市での開催が国内2例目。世界レベルの大会が市内で行われる例は極めて珍しく、市民にとっては世界基準の演技を肌で感じることができる貴重な機会となりそうだ。

 一定の高さの飛込み台からジャンプし、着水までの一連の動作や技術、美しさを競う競技「飛込み」。国際水泳連盟が主催するこのワールドシリーズは、オリンピックや世界選手権などにおいて上位に入賞した選手やチームなど世界基準のアスリートが参加する大会で、2007年から毎年開催されている。

 同大会は昨年まで全て国外での開催だったが、今年3月には静岡県富士市で国内初開催。そしてこのほど、日本水泳連盟が定める国際基準を満たす飛込み台を持ち、代表選手らも練習拠点としているグリーンプールを有する相模原市に白羽の矢が立った。市によると、1964年東京オリンピックの際に旧相模湖町でカヌー競技が行われた例があるが、こうした大規模なスポーツの世界大会が市内で開催される例は珍しいという。

「地元開催は貴重な時間」

 相模原での世界大会を前に、地元出身の五輪代表選手も意気込みを見せる。相模大野生まれで、2016年リオデジャネイロ五輪・男子板飛込みに日本代表として出場した坂井丞さん(25/ミキハウス所属)は本紙の取材に対し、「日本で世界大会をやること自体が少ない。地元で演技できるのは貴重な時間」と語る。

 坂井選手は今も大会会場のグリーンプールを練習拠点としており、大会に向けては「地元開催で多くの声援を頂くと思う。重圧がある中でどういった演技ができるか。東京五輪へ向けても良い経験になる」と話し、「この前のワールドシリーズはシンクロ(シンクロナイズドダイビング)で3位だった。今回はそれ以上の成績を収めたい。ぜひ応援をお願いします」と市民へ呼びかけた。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

小野選手が3000mでV

相模原中等校3年

小野選手が3000mでV スポーツ

中学陸上県大会の頂点に

10月15日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

区内で移動販売スタート

区内で移動販売スタート 社会

住民主体で積極的に招致

10月8日号

J2ライセンスを取得

SC相模原

J2ライセンスを取得 スポーツ

今季2位以上で昇格

10月8日号

「はや2」帰還成功を祈願

「はや2」帰還成功を祈願 社会

新田稲荷で祭事 結束新た

10月1日号

市内初、石井さん受賞

消防庁長官表彰

市内初、石井さん受賞 社会

救急活動の向上に貢献

10月1日号

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 64年前の標本が問いかけること

    相模原市立博物館レポvol.19

    64年前の標本が問いかけること

    生物担当学芸員 秋山幸也

    10月15日号

  • 実物の迫力

    相模原市立博物館レポvol.18 企画展-「無量光寺文書・山崎弁栄遺墨展」から-

    実物の迫力

    学芸員 長澤有史学芸員 長澤有史

    10月8日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク