さがみはら中央区版 掲載号:2018年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

進行性の難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)発症後、子どもへの支援活動を行う 浅沼 一也さん 横山在住 51歳

向き合う病、広げる支援

 〇…全身の筋肉が弱まる難病・ALSを抱えながら、子どもたちへの支援活動を行う。元は淵野辺のラーメン店「浅沼屋」の店主。外食の機会が少ない児童養護施設の子どもを店に招き、ラーメンを一緒に食す活動など自らの経験を生かしている。「子どもの笑顔のおかげで病気の進行が遅いんです」。病が判明した際、医師から「1年で車いす」と宣告された。発病から1年半が経過した今、足は幾分細くなったが足取りは以前と同じく力強い。

 〇…異変を感じたのは一昨年の春。普段通りの生活でも、体はやせ細った。近くの病院では原因がわからず、医師の勧めで精密検査を実施。結果は「ALS」。耳慣れない言葉だった。自宅に帰り、調べる中でようやく事の重大さに気づく。「死」が頭をよぎった。その日から3日間は寝られず、世界は灰色に覆われた。半月程塞ぎ込む日々が続いたが、時が経つにつれ変化が起きた。「くよくよしても仕方ない。やりたいことをやろう」。病を受け入れ、「今」を生きる覚悟を決めた。昔から興味のあった「子どもへの支援」に取り組むため、知人と有志団体を結成。病気に苦しむ子どもと交流するなど、活動を続ける。

 〇…創業した「浅沼屋」は現在、以前からともに厨房に立つ息子・晧太さんが継ぐ。病を押して店を開けようとした際、晧太さんが「俺がやる」と、暖簾を掲げた。20代半ばの息子の姿に「今の活動をできるのも晧太のおかげ。ありがたい」。

 〇…現在、入退院を繰り返しながら残りの時間は全て支援活動に費やす。活動を広げるべく、今年5月には有志団体からNPO法人へ組織を変更した。「自分が生きているうちにできることは小さい。でも、それを誰かが継いでいってくれるはず」。未来を信じ、「今」を駆け抜ける。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

池田 晴彦さん

6月で発足2年を迎えた相模原柴胡の会の代表を務める

池田 晴彦さん

6月14日号

武野(むの) 脩(おさむ)さん

「60周年記念 二科神奈川支部展」の公募展で横浜市長賞を受賞した

武野(むの) 脩(おさむ)さん

5月31日号

中山 陸さん

サッカーJ2リーグ・ヴァンフォーレ甲府に来季から入団することが決定した

中山 陸さん

5月24日号

伊倉 良太さん

このほど、ノジマ相模原ライズの新主将に就任した

伊倉 良太さん

5月17日号

長谷川 明さん

相模原商工会議所青年部の第25代会長に就任した

長谷川 明さん

5月10日号

中臺(なかだい) 博さん

こども食堂などに余剰食材を提供する団体「フードコミュニティ」の代表を務める

中臺(なかだい) 博さん

5月3日号

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク