さがみはら中央区版 掲載号:2018年8月2日号
  • LINE
  • hatena

9月に行われるバクー世界柔道選手権大会で男子90kg級日本代表に選ばれた 長澤 憲大(けんた)さん 緑区二本松出身 24歳

実直に磨いた技で世界へ

 ○…2月の国際大会では5位に甘んじた。「ここで勝つしか道はない」と挑んだ4月の全日本選抜柔道体重別。強敵ひしめく90kg級で優勝し、9月の世界選手権代表の座を初めて掴んだ。「競った試合をすべて取れた」と振り返るも、「東京五輪を目指すうえで世界選手権は必ず勝たなきゃいけない試合。投げも寝技もソツなくしっかり決め、結果を出す」と気の緩みはない。狙うはあくまで「優勝」の二文字。代表の地位を固めにかかる。

 ○…二本松出身。3人兄弟の次男で、大沢第二幼稚園、相原小、相原中を学び舎に育つ。大島でのバーベキュー、二本松公園での缶けり、橋本七夕まつり、上溝夏祭りと地元の思い出が次々と浮かぶ。柔道との出会いは6歳。テレビに映る井上康生氏(現日本代表監督)の勇姿に魅かれ、相武館吉田道場の門を叩いた。小中で基礎を築き、進学した岡山県の雄・作陽高校では個人・団体で総体2位に。東海大学では全日本学生柔道体重別連覇など国内外に名を馳せた。

 ○…得意は内股。基本に忠実なスタイルを軸とし、力で押すよりも「技術で勝つ柔道」を持ち味とする。座右の銘の『見える意識と見せない努力で人事を尽くせ』は相武館で授かった言葉。作陽高校では、「自分のためではなく誰かのために戦え」と教えられた。ふと、「自分は本当にすべての指導者に恵まれてきた」と実感を込め、思い返す。

 ○…現在はパーク24(株)に所属、目黒区にある寮で暮らす。大会前に帰省し、故・吉田功氏(相武館元館長)の墓前に勝利を誓い、実家でくつろぎ心身をリフレッシュするのが恒例。試合前は四股を踏んで、「よっしゃあ」と気合を入れる。名前の由来は「まじめに大きく」。その通り実直に柔道に向き合った先には、大きな成果が待っているはずだ。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6件

吉田 惠一さん

市内での夜間中学の新設をめざす「相模原の夜間中学を考える会」の代表を務める

吉田 惠一さん

3月14日号

山本 理仁(りひと)さん

今季、Jリーグ・東京ヴェルディのユースからトップチームに昇格した

山本 理仁(りひと)さん

3月7日号

三浦 文丈(ふみたけ)さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

三浦 文丈(ふみたけ)さん

2月28日号

岩崎 幸美さん

今年1月にシングル曲「ありがとうの日〜3月6日〜」でCDデビューした

岩崎 幸美さん

2月21日号

松下 龍太さん

相模原商工会議所青年部(相模原YEG)創立50周年記念事業の実行委員長を務める

松下 龍太さん

2月14日号

野田 朱美さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

野田 朱美さん

2月7日号

地元愛の「アイテリアナカムラ」

今年もSC相模原の試合で花火打ち上げます!

https://aiteria-n.co.jp/

<PR>

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク