さがみはら中央区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

相模原橋本RC 五輪盛り上げに一役 商店街にのぼり旗を寄贈

社会

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
横60cm×縦180cmの旗の横に立つ相模原橋本RCオリパラ担当委員の小島さん(右)と江成藤吉郎さん
横60cm×縦180cmの旗の横に立つ相模原橋本RCオリパラ担当委員の小島さん(右)と江成藤吉郎さん

 相模原橋本ロータリークラブ(奥田経男会長)は12日、緑区の一部が競技コースである2020年東京五輪競技大会自転車ロードレースをPRするのぼり旗を作成し、地元の2商店街に寄贈した。

 同競技は7月21日(日)に各国代表級の選手が集い、五輪とほぼ同じコースを使ったテストイベントが開かれる。同クラブは、テストイベントから注目を集め来年の五輪本番への機運を高めようとPRを模索。市を通じて大会組織委員会に申請し、5月末にのぼり旗の制作を始め、エリア界隈が走行ルートとなる橋本商店街協同組合(古橋裕一理事長)と相原二本松商店街(上原泰久会長)に完成したのぼり旗を40本ずつ寄贈した。旗には来年7月に実施される自転車ロードレース競技の内容が記されている。

 同クラブオリパラ担当委員の小島秀男さんは「テストイベントを盛り上げ、本番に向けて機運を醸成したい。協力店には1年間設置と管理をお願いするが、一緒に五輪を盛り上げてもらえたら」と話す。橋本商店街協同組合では「当商店街でも企画を練っており、相乗効果が期待できる。ともにPRしたい」、相原二本松商店街は「わがまちで五輪が行われるなんて一生に一度あるかないか。頂いた旗を大切に、地域全体が盛り上がれば」と話している。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

視線計測装置を本格導入

発達障害支援センター

視線計測装置を本格導入 社会

県内初 適切な療育に有効

11月14日号

握りずし 届け続けて50年

握りずし 届け続けて50年 社会

鮨商組合に県から感謝状

11月14日号

世界的名将、施設に太鼓判

市とJAXAが連携協定

ホーム最終節 勝利飾れず

ノジマステラ神奈川相模原

ホーム最終節 勝利飾れず スポーツ

サポーターに支援を感謝

10月31日号

消費者の発想 企業経営に

新サービス始動

消費者の発想 企業経営に 社会

オンラインで知恵を提供

10月31日号

台風19号、被害明らかに

台風19号、被害明らかに 社会

津久井地域の住民に聞く

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク