さがみはら中央区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

市内の地域見守り活動 渋谷区に事例を紹介 交流継続し相互発展図る

社会

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena
聴講者を前に講演した井戸さん(右奥)
聴講者を前に講演した井戸さん(右奥)

 認知症当事者を専用アプリを使って地域で見守る「相模原市民みまもりあいプロジェクト」などの取り組みが17日、渋谷区のイベントで紹介された。相模原の見守りの取り組みを先駆的事例としてまちづくりに生かそうと、渋谷区がプロジェクトの事務局らを招いたことで実現。ディスカッションで地域での見守りについて相互理解を深めると共に、今後も交流を継続し、取り組みの発展に向けて協力していくことを確認した。

 相模原の取り組みが紹介されたのは、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりをめざす渋谷区主催の福祉イベント「認知症なっても展」内のワークショップ。プロジェクトの関係者を通じ相模原の取り組みに関心を持った渋谷区の担当者が、事務局の1人でNPО法人Link・マネジメント代表理事の井戸和宏さんに出演を依頼。井戸さんが事務局のほか、関係する市内の他業種のメンバーを呼び寄せ、イベントへの参加が実現した。

 ワークショップでは「住み慣れた地域に求めるデザインとは?」をテーマに、渋谷区の福祉関係者、商店街関係者、民生委員、学生らが参加し議論した。その中で、市内からは認知症サポーター養成講座の講師役・キャラバンメイトの連絡会発足までの経緯、認知症サポーター同士がつながる場「さがみはら認知症サポーターネットワーク」の役割、そしてプロジェクトと課題について各担当者が紹介。こうした相模原の事例をヒントに意見を交わし、「人々がかかわり合い、地域でつながる」といった町の理想像に迫った。

 このほか、今回は見守りなどの福祉の枠を超え、商店街の関係者が地元の町の実情と課題について語り合い、情報交換する場面が見られるなど、地域のさまざまな分野で課題を解決していく意味で画期的な機会となった。

 イベント後、今後も地域での見守り活動の充実を主眼に、市民レベルでの交流を継続する方向で一致した。井戸さんは「少しずつの行動の積み重ねでやさしい町の実現につなげたい」と話す。プロジェクトでは個人・企業から寄附・協賛を募り活動の充実を図る構え。詳細は事務局【電話】042・707・1603へ。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

合同チームが県の頂点に

緑が丘中×大野台中

合同チームが県の頂点に スポーツ

軟式野球 関東にも出場

8月22日号

市の平均、全国下回る

学力・学習状況調査

市の平均、全国下回る 教育

中学英語は同程度

8月22日号

「洪水・土砂」想定し初実施

市風水害対策訓練

「洪水・土砂」想定し初実施 社会

困難者誘導などに課題も

8月15日号

職員の資質向上に一役

保育者ステップアップ研修

職員の資質向上に一役 教育

人手不足、多忙に懸念も

8月15日号

相模湖でテストキャンプ

カナダボートチーム

相模湖でテストキャンプ スポーツ

「両国でより深い交流を」

8月8日号

「補給廠」軸に魅力創出

「補給廠」軸に魅力創出 社会

官民学連携の検討会発足

8月8日号

公立の意地 初の4強

県相野球部

公立の意地 初の4強 スポーツ

昨年覇者横浜破る大金星

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月22日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

希少な「白いカエル」

希少な「白いカエル」

ふれあい科学館で展示

6月1日~10月20日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク