さがみはら中央区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

起業家 地域で相互支援 産学で連携協定締結

経済

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする(左から)杉岡理事長、風間学長、橋元代表取締役社長=7月11日、相模女子大学
協定書を手にする(左から)杉岡理事長、風間学長、橋元代表取締役社長=7月11日、相模女子大学

 来年4月、大学院に新たな「社会起業研究科(専門職大学院)」の設置を目指し、文部科学省に設置認可を申請中の相模女子大学・相模女子短期大学部(風間誠史学長/南区文京)が、認可に先駆け、7月11日に公益財団法人相模原市産業振興財団(杉岡芳樹理事長)および(株)さがみはら産業創造センター(橋元雅敏代表取締役社長)と連携に関する協定を締結した。

 この協定は、地域における産業振興のため、創業機運の醸成や、創業・新事業開発に繋がる人材育成などを通じ、地域経済の発展に寄与することが目的。大学だけではなく地域企業と連携した実践力の向上なども目指す。

女子大として初

 同大学に設置予定の「社会起業研究科」は、女子大学としては初となる社会起業家育成のための専門職大学院。2年間のMBAコース(社会起業修士)で、地域や社会の課題をビジネスで解決する実践的ノウハウを学ぶことができる。文部科学省に設置認可を申請中で、認可が下り次第募集を進める。基本的には社会人が対象。男女共学ではあるが、女子大学として蓄積してきた教育経験を最大限活用していく。

 11日に相模女子大学で行われた協定調印式には杉岡理事長、橋元代表取締役社長、風間学長が出席し協定書にサインした。

 締結後、杉岡理事長は「産学連携の新たな取組として、更なる起業の後押しになると期待している」と話し、橋元代表取締役社長も「起業機運の醸成に役立てることがあれば協力していく」と話した。風間学長は「発想力育成や社会に役立つ人材育成に、社会起業研究科は必要な学科。認可に先駆けて地域で連携いただき、心強く思っている」と謝辞を述べた。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

合同チームが県の頂点に

緑が丘中×大野台中

合同チームが県の頂点に スポーツ

軟式野球 関東にも出場

8月22日号

市の平均、全国下回る

学力・学習状況調査

市の平均、全国下回る 教育

中学英語は同程度

8月22日号

「洪水・土砂」想定し初実施

市風水害対策訓練

「洪水・土砂」想定し初実施 社会

困難者誘導などに課題も

8月15日号

職員の資質向上に一役

保育者ステップアップ研修

職員の資質向上に一役 教育

人手不足、多忙に懸念も

8月15日号

相模湖でテストキャンプ

カナダボートチーム

相模湖でテストキャンプ スポーツ

「両国でより深い交流を」

8月8日号

「補給廠」軸に魅力創出

「補給廠」軸に魅力創出 社会

官民学連携の検討会発足

8月8日号

公立の意地 初の4強

県相野球部

公立の意地 初の4強 スポーツ

昨年覇者横浜破る大金星

8月1日号

南橋本に7月14日オープン!

男性も歓迎「ハッピーヨガ」

http://spanda-studio.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月22日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

希少な「白いカエル」

希少な「白いカエル」

ふれあい科学館で展示

6月1日~10月20日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク