さがみはら中央区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

「製品守る」が合い言葉 日本化工機材株式会社(淵野辺)

経済

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena
工場で製造される角紙管
工場で製造される角紙管

 製造の2本柱は「紙」と「化成品」。輸送時の衝撃から製品を保護する紙製の筒(紙管)や容器などを製造しており、梱包の際の緩衝材として活用されている。紙を加工し積層するため、角紙管の縦からの強度は500kg。かつてはエアコンの室外機などの輸送に重宝されたという。

 化成品の代表格は乾燥剤「シリカゲル」。もともと同社は「湿害から製品を守る」をモットーに、シリカゲルの加工、販売を開始。電電公社(現NTT)に湿気によるサビから精密機器を守る効用を認められ、需要が拡大したという経緯をもつ。淵野辺の他に国内に3工場、東南アジアなどに関連企業6社を擁すまでに成長し、再来年には創業60周年を迎える。

 同社の強みは、中小企業ながら開発・研究スタッフがおり、製造時の技術を自社内で新しい分野に転換させられること。近年では、袋詰めのノウハウを生かした携帯用トイレ「すいふよう」の製造を開始した。紙製品においても、紙製の筒を自由につなげて好きな大きさに組み立てられる棚を手掛けるなど、変化する時代のニーズを的確にとらえる。

シリカゲルと携帯用トイレ
シリカゲルと携帯用トイレ

未来へつなぐ、家づくり

相模原で30年。お客様の暮らしに寄り添った住宅をお届けします。

http://www.thirty-four.co.jp

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

和泉短大が授業研究会

和泉短大が授業研究会 教育

小中学校との連携を強化

6月30日号

独自グッズで応援

田名北小学校

独自グッズで応援 文化

6月30日号

夢・挑戦・達成

祝D1昇格ダイナボアーズ 

夢・挑戦・達成 教育

6月30日号

「どんどん強くなって」

「どんどん強くなって」 スポーツ

九沢小児童がエール

6月30日号

菅井汲作品展

菅井汲作品展 文化

誠文堂で4日から

6月30日号

チャリティCに3組6人を招待

平浜ひろしさん

チャリティCに3組6人を招待 社会

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook