さがみはら中央区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

「製品守る」が合い言葉 日本化工機材株式会社(淵野辺)

経済

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena
工場で製造される角紙管
工場で製造される角紙管

 製造の2本柱は「紙」と「化成品」。輸送時の衝撃から製品を保護する紙製の筒(紙管)や容器などを製造しており、梱包の際の緩衝材として活用されている。紙を加工し積層するため、角紙管の縦からの強度は500kg。かつてはエアコンの室外機などの輸送に重宝されたという。

 化成品の代表格は乾燥剤「シリカゲル」。もともと同社は「湿害から製品を守る」をモットーに、シリカゲルの加工、販売を開始。電電公社(現NTT)に湿気によるサビから精密機器を守る効用を認められ、需要が拡大したという経緯をもつ。淵野辺の他に国内に3工場、東南アジアなどに関連企業6社を擁すまでに成長し、再来年には創業60周年を迎える。

 同社の強みは、中小企業ながら開発・研究スタッフがおり、製造時の技術を自社内で新しい分野に転換させられること。近年では、袋詰めのノウハウを生かした携帯用トイレ「すいふよう」の製造を開始した。紙製品においても、紙製の筒を自由につなげて好きな大きさに組み立てられる棚を手掛けるなど、変化する時代のニーズを的確にとらえる。

シリカゲルと携帯用トイレ
シリカゲルと携帯用トイレ

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook