さがみはら中央区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

伊勢丹相模原店 29年の歴史 30日に幕 「閉店後」にも関心高まる

経済

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena
連日賑わう伊勢丹相模原店
連日賑わう伊勢丹相模原店

 1990年の開店以来、29年にわたり相模原市の地域経済をけん引してきた伊勢丹相模原店がいよいよあと5日、9月30日(月)で閉店する。それに先立ち同店では、7月から閉店セールを継続的に実施。店舗入口に設置された「ISETAN」のモニュメントで撮影する人も後を絶たず、「街の顔」の撤退を惜しむ市民らが多く来店している。

 一方で伊勢丹閉店後の跡地に関する話題も後を絶たない。閉店が発表された昨年9月から市や地元商店会らは、土地、建物を所有する三越伊勢丹ホールディングスに市民生活やまちづくりへの配慮を要望。今年8月には本村賢太郎市長が同社を訪れ、跡地は地域経済の核となる施設として検討がなされるよう、再度要望を行っている。

 管轄する市商業観光課によると20日時点で、伊勢丹からの回答は「現在も検討中」で、使途は未決定という。「マンションに店舗が入る複合ビル建設のため、市と野村不動産が交渉」との一部報道については、交渉は行っていないと回答した。

 閉店に伴い、相模女子大学グリーンホールなどに通じる同店内の連絡通路が通行不可になることから、市は当面の間、店舗外側の通路および相模大野立体駐車場の通路を迂回路として使用。警備員の配置や照明の設置などを行い、安全性を確保するとしている。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

「4つの柱」に33億円

8月補正一般会計

「4つの柱」に33億円 政治

医療や暮らしの支援継続

8月13日号

東海大相模 「幻の甲子園」へ

東海大相模 「幻の甲子園」へ スポーツ

17日、大阪桐蔭と対戦

8月13日号

SDGsで再生へ

緑区大島の商店会

SDGsで再生へ 経済

理念共有で地域を活性

8月6日号

市、マスク適正着用を促進

コロナ禍の熱中症対策

市、マスク適正着用を促進 社会

ホームページ、動画で啓発

8月6日号

「SDGs未来都市」に

相模原市

「SDGs未来都市」に 社会

普及促進へ新制度も検討

7月30日号

「最後の大会」代替開催へ

市中体連

「最後の大会」代替開催へ スポーツ

8月末から 3年の節目に

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.44

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月13日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク