さがみはら中央区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

伊勢丹相模原店 29年の歴史 30日に幕 「閉店後」にも関心高まる

経済

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena
連日賑わう伊勢丹相模原店
連日賑わう伊勢丹相模原店

 1990年の開店以来、29年にわたり相模原市の地域経済をけん引してきた伊勢丹相模原店がいよいよあと5日、9月30日(月)で閉店する。それに先立ち同店では、7月から閉店セールを継続的に実施。店舗入口に設置された「ISETAN」のモニュメントで撮影する人も後を絶たず、「街の顔」の撤退を惜しむ市民らが多く来店している。

 一方で伊勢丹閉店後の跡地に関する話題も後を絶たない。閉店が発表された昨年9月から市や地元商店会らは、土地、建物を所有する三越伊勢丹ホールディングスに市民生活やまちづくりへの配慮を要望。今年8月には本村賢太郎市長が同社を訪れ、跡地は地域経済の核となる施設として検討がなされるよう、再度要望を行っている。

 管轄する市商業観光課によると20日時点で、伊勢丹からの回答は「現在も検討中」で、使途は未決定という。「マンションに店舗が入る複合ビル建設のため、市と野村不動産が交渉」との一部報道については、交渉は行っていないと回答した。

 閉店に伴い、相模女子大学グリーンホールなどに通じる同店内の連絡通路が通行不可になることから、市は当面の間、店舗外側の通路および相模大野立体駐車場の通路を迂回路として使用。警備員の配置や照明の設置などを行い、安全性を確保するとしている。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

災害復興に応急対応

相模原市12月補正予算

災害復興に応急対応 政治

一般会計、54億円計上

11月21日号

紅綬褒章を受章

二本松在住吉川大地さん

紅綬褒章を受章 文化

人命を救助 県内唯一

11月21日号

視線計測装置を本格導入

発達障害支援センター

視線計測装置を本格導入 社会

県内初 適切な療育に有効

11月14日号

握りずし 届け続けて50年

握りずし 届け続けて50年 社会

鮨商組合に県から感謝状

11月14日号

世界的名将、施設に太鼓判

市とJAXAが連携協定

消費者の発想 企業経営に

新サービス始動

消費者の発想 企業経営に 社会

オンラインで知恵を提供

10月31日号

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク