さがみはら中央区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

医科・歯科有志団体 糖尿病・歯周病治療で連携 診療の効率・充実化図る

社会

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
同グループが定期的に開催する講演会=提供写真
同グループが定期的に開催する講演会=提供写真

 生活習慣病である糖尿病とその合併症とされる歯周病の治療について市内の内科医と歯科医が相互に連携し、患者の健康につなげていくことを目的とする有志グループ「相模原糖尿病と歯周病を考える集い(通称:紫陽花会)」が昨年発足し、5月から活動を本格化させている。専門分野の垣根を越え、スムーズに情報共有を図ることで糖尿病患者の歯科診療体制の効率・充実化が期待される。

 昨今、糖尿病の罹患(りかん)者数は増加傾向にあり、厚生労働省が2016年に行った「国民健康・栄養調査」によると、国内の糖尿病患者は予備軍も含め推計2000万人。糖尿病が進行すると様々な合併症を併発し、その一つである歯周病が悪化すると歯の損失や咀嚼(そしゃく)力の低下により食事バランスの偏りが生じ、結果的に糖尿病の進行が早まるだけでなく全身にも悪影響を及ぼすとされる。このように糖尿病と歯周病は相関関係にあることから、以前から医師の間で医科歯科連携の必要性が叫ばれてきた。

 そこで県歯科医師会が中心となり、17年に糖尿病治療での医療連携を目的とした協議会を設置。保健師や管理栄養士、行政との協力も視野に、まずは相模原市がそのモデル地区となった。昨年8月には市内に医院を構える有志の医師らが同グループを結成し、協議を経て今年5月から本格的に連携を開始した。

 具体的な取り組みとして、内科医院は糖尿病患者に合併症である歯周病のリスクを説明するほか、オリジナルのマップで近隣の歯科医院での受診を案内。歯科医院でも、糖尿病が認められる患者に対し専門医のいる医院を紹介する。その際、共通の紹介状を使うことで患者の診療情報のスムーズな共有を図り、治療を効率化させる。

 現在同グループには、市内の糖尿病専門医13人と歯科医26人が参加しており、勉強会などを通して医師同士が親交を深め、顔の見える関係を構築している。糖尿病専門医で、代表を務める金森晃氏は「互いに見知った医師を紹介できるので、安心して患者を預けられる」と利点を挙げる。そのほか、看護師や栄養士などの医療従事者を対象にした講演も実施し、医科歯科連携の重要性の理解者を増やすことにも力を入れている。

 同グループは今後も現場レベルで連携の充実に努め、取り組みが軌道に乗れば、市の医師会と歯科医師会にノウハウを提供し、市全体に広げていきたい考え。金森代表は「医療機関同士で相互に意見交換しながら、糖尿病患者にとってより良い診療体制を構築していきたい」と話している。

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

「4つの柱」に33億円

8月補正一般会計

「4つの柱」に33億円 政治

医療や暮らしの支援継続

8月13日号

東海大相模 「幻の甲子園」へ

東海大相模 「幻の甲子園」へ スポーツ

17日、大阪桐蔭と対戦

8月13日号

SDGsで再生へ

緑区大島の商店会

SDGsで再生へ 経済

理念共有で地域を活性

8月6日号

市、マスク適正着用を促進

コロナ禍の熱中症対策

市、マスク適正着用を促進 社会

ホームページ、動画で啓発

8月6日号

「SDGs未来都市」に

相模原市

「SDGs未来都市」に 社会

普及促進へ新制度も検討

7月30日号

「最後の大会」代替開催へ

市中体連

「最後の大会」代替開催へ スポーツ

8月末から 3年の節目に

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.44

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月13日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク