さがみはら中央区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

街角図書館「オリオン」を設立した 安西 祐太さん 横浜市在住 31歳

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena

「皆が暮らしやすいまちに」

 ○…4月にオープンしたリハビリデイサービスの軒先に図書室を作った。地域の人から寄贈された本は約300冊。高齢者から中学生までが立ち寄り、思い出の本や初めて触れる本の話題に花を咲かせる場となっている。「検索もできない、欲しい本も手に入らない『不便利』な図書室だけれど、不便利はコミュニケーションが生まれるきっかけになる」とその光景に目を輝かせる。

 ○…「皆が暮らしやすいまちをつくりたい」。そう考えていた矢先、新型コロナウイルスが人々を襲う。感染拡大に伴い、市民一丸となって自粛に努める一方で、頭をよぎったのは家にこもりきりになることで居場所を失ったり、運動量が減ることで健康被害を引き起こす危険性。そこで思い立ったのが図書室の設立だった。自宅で楽しめて、借りたら返しに来なくてはいけないため運動の契機にもなる。「この状況でも地域の人のためになる、ぴったりの存在」と笑顔を浮かべる。

 ◯…サッカーに夢中になっていた中学時代。練習中、右足を複雑骨折する大怪我を負った。手術、そして入院。折れた心を励まし、寄り添ってくれたのが理学療法士だった。半年にわたる地道なリハビリの末、スパイクを履き、ピッチに戻れた。しかし長期のブランクは埋めがたく、サッカー選手の夢は断念。その後は新たな夢に向けてまい進し、今は理学療法士として活躍する。

 ○…皆が暮らしやすいまちのために必要と信じる「人とのつながり」を作り出すため、構想を練る毎日。仕事の傍ら、見分を広めようと市内のまちづくりイベントにも精力的に顔を出す。「自分も誰かのためになりたい」。忙しい日々の中、その熱い思いが夢に向かって進む自身を突き動かす。
 

相模原市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

加藤 修さん

公益社団法人宅地建物取引業協会相模北支部の支部長に就任した

加藤 修さん

星が丘在住 55歳

6月4日号

田中 皓(きよし)さん

休校支援の一環としてウェブ上で理科実験教室を行う「理科で遊ぼう会」の代表を務める

田中 皓(きよし)さん

淵野辺在住 79歳

5月28日号

安西 祐太さん

街角図書館「オリオン」を設立した

安西 祐太さん

横浜市在住 31歳

5月21日号

伊勢 真一さん

ドキュメンタリー映画『えんとこの歌』を監督した

伊勢 真一さん

町田市在住 71歳

5月14日号

小川 英子さん

歴史ファンタジー「王の祭り」をゴブリン書房から出版した

小川 英子さん

南区上鶴間本町在住 70歳

5月8日号

原 和彦さん

4月に相模原市消防団長に就任した

原 和彦さん

東淵野辺在住 60歳

4月23日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 県政の課題を問う

    県政報告Vol.43

    県政の課題を問う

    自民党県議会議員 河本(かわもと)文雄(ふみお)

    5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク