さがみはら中央区版 掲載号:2021年1月28日号 エリアトップへ

相模原市 母親の「休息」重点に 産後ケア 1月から拡充

社会

掲載号:2021年1月28日号

  • LINE
  • hatena
「通所ケア」で来所した母親の対応をするmarimo助産院の中島代表(左)
「通所ケア」で来所した母親の対応をするmarimo助産院の中島代表(左)

 産後うつなどの予防策として、相模原市は1月1日から母親を対象とした支援事業を拡充した。具体的には、出産後の産婦健診や、助産院などでの「産後ケア」への一部公費助成。市こども家庭課担当者は、「今まで自己負担だった分、経済的なハードルを下げ、母親が気兼ねなく休息を取りやすくなるようめざした」と話している。

 産後はホルモンバランスの変化に加え、乳児中⼼の不規則な⽣活になることで、母親の心身疲労や産後うつが心配される。今まで市は、保健師などが生後間もない子がいる家に訪問する「こんにちは赤ちゃん事業」を行っていたが、より継続的で多様な支援を求める声が上がっていた。

 今回拡充される事業は2つ。1つめは、出産後の産婦健診の公費助成。今まで産後の健診は基本的には自費だったが、これを産後約2週間と4週間の計 2 回まで、1 回上限5千円を市が負担する。また身体的な健診に加え、心のケアにも支援を拡充。産後うつなどの早期発見につながる「お⺟さんの気持ち質問票(EPDS)」を実施し、早い段階でスクリーニングすることで、支援を必要とする母親を適切な相談先に繋げる。対象は市に住民登録があり、産後約2カ月以内の母親に限る。2つめは「産後ケア事業」への公費助成。産後必要と思われる産婦に対し、産科のあるクリニックや助産院などへの通所・宿泊、あるいは職員の訪問を通し母子へのケアを実施。保健師などからアドバイスを受けたり、子の面倒を見てもらう間に母親が休息を取るというもの。同様のサービスを以前から独自に行う施設もあったが、基本は自己負担。今回から通算7日以内の利用を上限に公費助成され、1回3〜5千円の負担で済むようになった。

 対象は、市に住民登録のある母親と子ども(1歳の誕生日の前日まで)で、【1】体調不良や育児不安がある【2】産婦健診で医師から同事業の利用を勧められた【3】家族からの支援が受けられない、のいずれかに該当する人。利用するには、市のHPから利用可能施設や条件を確認後、希望の施設に直接問い合わせを。市こども家庭課担当者は、「コロナ禍で実家からの支援が受けられず、一人で赤ちゃんと向き合う母親も少なくない。経済的負担が減った分、必要な人に幅広く利用してもらいたい」と話している。

「経済的に助かる」

 南区にあるmarimo助産院では6日、30代の母親(南区在住)が「通所ケア」を受けに生後2カ月の乳児と来所した。昨年11月の出産後、同助産院で乳腺炎の相談をした際に同事業を知ったという母親は、「母乳トラブルで何度も利用するので、公費助成は助かる。それに今はコロナで人に会いにくい。誰かに話を聞いてもらうと頭が整理されていい」と話した。母親は育児相談や母乳ケアを受けた後、用意された布団で休み、3時間ほど滞在した。同助産院の中島清美代表は、「出産退院後、すぐに一人で完璧に育児をこなすのは難しい。一旦助産院やクリニックでケアを受ける『ワンステップ』の場が必要で、それが助成されるなら更に利用しやすいのでは」と話す。

 事業への問合せは同課【電話】042・769・8344へ。
 

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

半世紀の家づくりを披露

二本松の梅澤木材

半世紀の家づくりを披露 経済

5月19日号

ライズはDivisionAに

【Web限定記事】X1リーグ新シーズン

ライズはDivisionAに スポーツ

6チームによるリーグ戦9月に開幕

5月19日号

3年ぶり有観客

自転車ロードレース

3年ぶり有観客 スポーツ

5月21日 TOJ相模原ステージ

5月19日号

手作り「たなワン」勢ぞろい

手作り「たなワン」勢ぞろい 文化

田名公民館で作品展

5月19日号

休日はフリマへ

休日はフリマへ 経済

5月29日 メイプルホール

5月19日号

22日 淵野辺でマルシェ

22日 淵野辺でマルシェ 文化

キッチンカーも集合

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook