さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

マジックショーを無料配信、マジシャン育成にも尽力する マジシャン SINさん(本名:飯島 健太) 中央区在住 34歳

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

有言実行で夢をつかむ

 ○…エンターテインメントを思い切り楽しむことが難しい今、「子どもたちを笑顔にしたい」と先月、マジックショーをオンラインで無料配信した。コロナ禍でオーナーマジシャンとして運営する3店舗のマジックバーは時短営業。大きな打撃を受けつつも「何ができるかを考え、ライブ配信しかないと思った」。相手の反応が見えない状況に不安もあったが「最高のパフォーマンスができたと感じた。宣言が明けてもやっていきたい」

 ○…埼玉県大宮市生まれ。幼少期は「今では考えられないほど、引っ込み事案で照れ屋な子どもだった」と笑う。小学5年生の時、祖父が見せた百円玉が消えるマジックに衝撃を受け、以降マジックのとりこに。中学3年生の文化祭ではステージでマジックを披露。スポットライトと歓声に快感を覚え、いつしか「仕事にしたい」と思うようになった。高校では自らマジック部を立ち上げ、初代部長を務めながら練習に明け暮れた。

 ○…高校卒業後、CG専門学校に通いながら3年間修業し、都内でプロ活動を開始した。2008年10月、先輩の紹介で相模原のバーのオープンイベントに出演。これを機にそのバーを任され、数か月後には「マジックバーGARNET」のオーナー兼マジシャンとなっていた。出会い、道筋を作ってくれた先輩たちに「応えたい」一心で歩み続けた日々。これからは「若い子が未来のヴィジョンを描ける業界にしたい」と、人材育成だけでなく、事業の振興にも力を発揮していく。

 ○…「夢は口に出す」を信条に一つひとつ階段を上がってきた。「60歳までにマジックの総合エンタメ施設を創るのが夢の着地点」。まずは夢への第一歩、京都祇園に新店舗をオープンするため、奔走する毎日だ。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

南橋本在住 46歳

10月21日号

郡家 光英さん

西門商店街でコスプレイベントを開催する

郡家 光英さん

東京都在住 30歳

10月14日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月7日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

9月30日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月23日号

渡部 菜保子さん

記録員として東京オリンピックのバレーボール競技に携わった

渡部 菜保子さん

向陽町在住 43歳

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook