さがみはら中央区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

カプセル回収 「相豪」も協力 過酷な日々多方面で支援

社会

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena
このほど相模原市で公開されたはやぶさ2帰還カプセルを構成する5つのパーツ=12日、相模原市立博物館・(C)JAXA/情報提供・同館
このほど相模原市で公開されたはやぶさ2帰還カプセルを構成する5つのパーツ=12日、相模原市立博物館・(C)JAXA/情報提供・同館

 市立博物館で12日に行われたカプセル公開では、JAXA関係者による帰還報告が行われ、回収に向けて多方面で協力した相模原市、南豪州政府への感謝が示された。

 カプセルの着地予定地である豪州・ウーメラ地区に派遣された回収隊は4カ所の宿舎から11カ所の観測地点までを毎日50〜150Kmのほとんど未舗装の道路を車で通勤。現地は夏季のため、ときに最高気温は45度を超える暑さに見舞われた。最大の危機はコロナ禍によるロックダウンの実施の有無。状況によっては日程の変更を迫られたが、ウーメラ地区が位置する南豪州政府が回収事業を考慮し取り止めに。この決断が後の速やかな回収へと前進させた。加えて、隊員たちの宿舎の提供などの協力もあった。

 市では防災協会が渡航前にAED講習を実施。コロナ禍を踏まえ、保健所もPCR検査を行うなど隊を支援した。市マスコットキャラクターのさがみんが隊に参加したことも、過酷な日々を送る隊員の癒しとなった。

 報告の中で、藤本正樹宇宙科学研究所副所長は最後にこう口にした。

 「相模原市、南豪州政府がヒーローです」

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

メイプルフリマ開催

メイプルフリマ開催 経済

10月31日(日) 午前10時から

10月21日号

クラシックで秋を優雅に

クラシックで秋を優雅に 文化

27日 ランチタイムコン

10月21日号

市長とまちづくりを語る

市長とまちづくりを語る 社会

10月22日 JCが例会配信

10月21日号

「森の素晴らしさ知って」

「森の素晴らしさ知って」 社会

下草刈りボラ参加者募集

10月21日号

SDGsカルタを寄贈

SDGsカルタを寄贈 社会

 啓発団体が制作

10月21日号

アマゾン探検、延長に

アマゾン探検、延長に 文化

相模川ふれあい科学館

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  •  縄文世界を見に行こう!

    相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

     縄文世界を見に行こう!

    「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

    10月21日号

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook