さがみはら中央区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

「相模原をドローンのまちに」 株式会社FORT(エアウルフ)

社会

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
さがみはらSDGsパートナーの登録証盾とドローンをテーブルに置き取材に答える松下社長
さがみはらSDGsパートナーの登録証盾とドローンをテーブルに置き取材に答える松下社長

 精米設備販売のFORT(フォート)(南区磯部・松下龍太社長)は農機具などの提供や修理で地元農家を支えるとともに、自らも減農薬米を生産して食料自給の一端を担う。2005年創業。昨年11月、さがみはらSDGsパートナーに登録された。

 昨年6月にドローン(小型無人航空機)事業部『エアウルフ』を新設。国土交通省の基準に基づいた飛行技術と申請許可を有する操縦士を育成するスクール「相模原ドローンステーション」を運営するとともに、ドローンを活用した肥料・農薬散布などの農業生産性向上、空撮や検査などによる建築土木関連の効率化にも注力。災害対策での利活用も模索する。

 「ドローンには可能性しかない」と松下社長。「相模原をドローンのまちにするとともに、相模原の新たな産業となるよう普及啓発したい」。さまざまな企業や団体が注目し、ドローン利用による産業拡大の機運が高まる中、新たなインフラとしての期待を隠さない。
 

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら中央区版のコラム最新6

縄文人の生活を探る 考古企画展

相模原市立博物館レポvol.22

縄文人の生活を探る 考古企画展

「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

4月22日号

「相模原をドローンのまちに」

「相模原をドローンのまちに」 社会

株式会社FORT(エアウルフ)

4月1日号

相模原の「司法」を考える

【1】序章 連載

相模原の「司法」を考える 社会

寄稿 大谷豊弁護士

1月28日号

新しい学習資料展

相模原市立博物館レポvol.21

新しい学習資料展

民俗担当学芸員 山本菜摘

1月14日号

色々な石展 カラフルな石の世界

相模原市立博物館レポvol.20

色々な石展 カラフルな石の世界

地質担当学芸員 河尻清和

1月7日号

64年前の標本が問いかけること

相模原市立博物館レポvol.19

64年前の標本が問いかけること

生物担当学芸員 秋山幸也

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter