さがみはら中央区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

きになる!スポットをレポート 黄金の畳が出現 萩原製畳(有)が制作

社会

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
金華畳を制作した萩原社長
金華畳を制作した萩原社長

 萩原製畳(有)(高根2の1の18)の店頭に、ひときわ輝く「黄金の畳」。入口に見えるように飾られている畳を、足を止めて眺める人や写真を撮る人の姿も。

 いかにも縁起がよさそうな「黄金の畳」は、「金華畳(きんかたたみ)」という同社のオリジナル商品。水引と同じ原料の金色の素材を編み込んだゴザを、贅沢に1畳分たっぷりと使用した。萩原真澄社長は、「材料費が高いので、金色の畳を扱うメーカーはほぼない。なので『幻の畳』と言ってもいいのでは」とにやり。

 室内でもはっきりと分かる黄金だが、天気がよい日は一段と輝く。萩原社長が金華畳の制作を決意したのは、地域を元気づけるため。「新型コロナウイルスの影響などで、沈みがちなニュースも多い中で、見た人が少しでも笑顔になってくれれば」。

 あわせて、「畳の可能性を知って欲しかった」と語る。畳は伝統的な緑色のイメージが強いが、ピンクやオレンジなどのカラー畳や、違う色のゴザを組み合わせて作る柄物など、実はかなりこだわりや個性を出せる素材。金華畳をきっかけに、畳の自由度の高さをアピールしている。

 萩原社長は「見学、写真撮影など、大歓迎です。畳のことを知りたい方は、お気軽に声をかけてください」と呼び掛けている。

天気によっては眩しいくらいに光る
天気によっては眩しいくらいに光る

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

空気感を描写

空気感を描写 文化

誠文堂で原陽子個展

5月12日号

歴代ポスターを紹介

相模原市民ギャラリー

歴代ポスターを紹介 文化

25周年記念企画展

5月12日号

地域と連携、学びに生かす

柴胡の会

地域と連携、学びに生かす 教育

地元団体らと研究会

5月12日号

医療的ケア児へ支援拡充

医療的ケア児へ支援拡充 社会

相談窓口を新設

5月12日号

大輪のバラ 市民に公開

アマの力作募集

フォトシティさがみはら

アマの力作募集 文化

応募締め切り6月24日

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook