さがみはら中央区版 掲載号:2021年8月26日号 エリアトップへ

「地域共生社会」めざす 社会福祉法人相模福祉村

社会

掲載号:2021年8月26日号

  • LINE
  • hatena
市役所で7月28日に行われた「さがみはらSDGsパートナー登録証盾交付式」で本村賢太郎市長から盾を受け取る赤間理事長(左)
市役所で7月28日に行われた「さがみはらSDGsパートナー登録証盾交付式」で本村賢太郎市長から盾を受け取る赤間理事長(左)

 福祉を通じ、SDGs達成への貢献をめざす。赤間源太郎理事長は「SDGsの『誰一人取りのこさない』という開発目標と我々がめざす『共生社会』は通じる部分がある。皆で意識していくため、一つのきっかけとして相模原市とパートナーになることにした。SDGsの17の目標が、社会福祉法人の務めを網羅している部分に魅力に感じる。困窮、福祉、ジェンダーなど、すでに取り組んでいるものは継続していきたい」と話す。

 職員への意識の浸透も徹底。【目標1】であれば「生活困窮者への援助および就労支援(高齢者等自立サポート事業、かながわライフサポート)」といった形で、17あるゴール一つ一つに対し福祉の立場から取り組める事業目標を掲げる。赤間理事長は「SDGsは福祉の本質でもある。社会福祉法人全てに共感していただけるように仲間の組織にも声をかけ、社福の進むべき道『地域共生社会』をめざしていきたい」と展望を語る。
 

未来へつなぐ、家づくり

相模原で30年。お客様の暮らしに寄り添った住宅をお届けします。

http://www.thirty-four.co.jp

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら中央区版のコラム最新6

準抗告と相模原市民の被る不利益

相模原の司法を考える【13】 連載

準抗告と相模原市民の被る不利益

寄稿 池田達彦弁護士

6月30日号

「相模原で労働審判受けられないの?」

相模原の司法を考える【12】 連載

「相模原で労働審判受けられないの?」

寄稿 藤田寛之弁護士

5月26日号

「接骨」からSDGs貢献

知られざる地下の生きものたち

相模原市立博物館レポvol.27

知られざる地下の生きものたち

舘野鴻絵本原画展「がろあむし 描かれた相模原の自然」 生物担当学芸員 秋山幸也

5月12日号

相模原の「司法」を考える

【11】実際に不利益を受けた方の声 連載

相模原の「司法」を考える

寄稿 多湖翔弁護士

4月28日号

相模原の「司法」を考える

【10】合議制裁判がないことの不利益 連載

相模原の「司法」を考える

寄稿 多湖翔弁護士

3月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook