さがみはら中央区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

相模原市立博物館レポvol.24ミニ企画展「尾崎行雄の不戦運動」  尾崎行雄の平和への願い 博物館学芸員 長澤有史

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena
尾崎行雄の軍備制限に関する書籍(相模原市立博物館所蔵)
尾崎行雄の軍備制限に関する書籍(相模原市立博物館所蔵)

 皆さんは尾崎行雄(雅号:咢堂(がくどう))をご存じでしょうか。「憲政の神様」、「議会政治の父」とも呼ばれる明治から昭和にかけての政治家です。本市緑区又野出身であり、本市が誇る郷土の偉人です。1890(明治23)年の第1回衆議院選挙に初当選し、以来25回連続当選し、60余年もの間、国会議員として活躍しました。

 尾崎の著名な活動に2つの「フセン」があります。一つは「普選」、つまり普通選挙の運動です。1925(大正14)年に満25歳以上の男性全員に選挙権を与える普通選挙法が施行されましたが、尾崎らの運動がこれに大きく貢献しています。もう一つは「不戦」、これは戦争を避けるべきとの考えに基づき、積極的に軍備の縮小を訴え、教育や農業などに国力を割くべきだとしました。昭和初めに軍部が政治を主導するようになると警鐘を鳴らし、徹底的な軍部批判を行いました。

 この不戦運動をテーマに11月6日(土)から12月19日(日)まで、博物館エントランスにてミニ企画展「尾崎行雄の不戦運動」を開催しております。開催にあたり、企画・運営について「尾崎行雄を全国に発信する会」と協働で行いました。展示では尾崎の不戦運動を年表、解説パネル、写真で紹介し、さらに関連する書籍や日記、原稿の実物を展示しています。普段は見られない尾崎の関連資料、特に日記や原稿などの肉筆を間近で見学できる貴重な機会ですので、ぜひご覧ください。

※企画展は中止または変更になる場合もあります。最新情報は博物館のHPや電話でご確認ください。

■相模原市立博物館(高根3の1の15)【電話】042・750・8030【URL】https://sagamiharacitymuseum.jp/

さがみはら中央区版のコラム最新6

進化する学習資料展

相模原市立博物館レポvol.25

進化する学習資料展

民俗担当学芸員 山本菜摘

12月16日号

 尾崎行雄の平和への願い

相模原市立博物館レポvol.24ミニ企画展「尾崎行雄の不戦運動」

 尾崎行雄の平和への願い

博物館学芸員 長澤有史

11月25日号

 縄文世界を見に行こう!

相模原市立博物館レポvol.23文化財×博物館×図書館×旧石器ハテナ館連携事業

 縄文世界を見に行こう!

「世界遺産じゃないけど相模原にもある縄文遺跡群」博物館考古担当学芸員 河本雅人・長澤有史

10月21日号

相模原の「司法」を考える

【7】相模原司法制度改革懇話会の発足 連載

相模原の「司法」を考える 社会

寄稿 大谷豊弁護士

8月26日号

「地域共生社会」めざす

「地域共生社会」めざす 社会

社会福祉法人相模福祉村

8月26日号

縄文人の生活を探る 考古企画展

相模原市立博物館レポvol.22

縄文人の生活を探る 考古企画展

「変化の時代を生きた縄文人 相模原市域の縄文時代中・後期文化」考古担当学芸員 長澤有史

4月22日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook