さがみはら中央区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

「接骨」からSDGs貢献 ほねごり

社会

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
市役所で行われた「さがみはらSDGsパートナー登録証盾交付式」で本村賢太郎市長から盾を受け取る阿部公太郎社長(左)
市役所で行われた「さがみはらSDGsパートナー登録証盾交付式」で本村賢太郎市長から盾を受け取る阿部公太郎社長(左)

 相模原で創業し、鍼灸接骨院を32院展開するほねごり。同社は事業を通してSDGsの推進に注力し、昨年9月にさがみはらSDGsパートナーに登録した。阿部公太郎社長は「地域貢献はもちろん、SDGsに積極的に取り組む。市民が誇れる地元企業として認知されるよう努めたい」と、その思いを語る。

 施術で健康づくりをサポートするほか、無料体験会も実施。6・7月にはSC相模原のホームゲームへ出店し、無料で身体の悩みの相談に応じて【目標3】に寄与する。今後は小学校で座り方指導を実施するなど、健康面での知識を広く伝え、【目標4】も推し進めたい考えだ。

 社内では【目標5】の達成をめざし、女性リーダーの任用・比率の向上など、女性が活躍できる環境の整備に取り組む。

 他にも、鍼灸接骨院で取り扱う機器や資材のリユース、リサイクルを実施。「ほねつぎ」以外の観点からもSDGs推進に貢献していく。

未来へつなぐ、家づくり

相模原で30年。お客様の暮らしに寄り添った住宅をお届けします。

http://www.thirty-four.co.jp

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら中央区版のコラム最新6

準抗告と相模原市民の被る不利益

相模原の司法を考える【13】 連載

準抗告と相模原市民の被る不利益

寄稿 池田達彦弁護士

6月30日号

「相模原で労働審判受けられないの?」

相模原の司法を考える【12】 連載

「相模原で労働審判受けられないの?」

寄稿 藤田寛之弁護士

5月26日号

「接骨」からSDGs貢献

知られざる地下の生きものたち

相模原市立博物館レポvol.27

知られざる地下の生きものたち

舘野鴻絵本原画展「がろあむし 描かれた相模原の自然」 生物担当学芸員 秋山幸也

5月12日号

相模原の「司法」を考える

【11】実際に不利益を受けた方の声 連載

相模原の「司法」を考える

寄稿 多湖翔弁護士

4月28日号

相模原の「司法」を考える

【10】合議制裁判がないことの不利益 連載

相模原の「司法」を考える

寄稿 多湖翔弁護士

3月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook