さがみはら中央区版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

相模原駅北口地区 土地利用方針を策定 キーワードは「つながり」

社会

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena

 相模原駅北口地区について市は、まちづくりの方向性を定めた「土地利用方針」を策定し、5月31日に公表した。同地区の整備計画の基本的な方向性を踏まえつつ、2020年に策定したまちづくりコンセプト「多様な交流が新たな価値をうみだす ライフ×イノベーション シティ」に基づいて、導入機能や都市基盤などの考え方を整理した。今後は同方針により具体的な施設の内容や規模などを定める土地利用計画の作成が進められる。

 同地区は相模原駅北側に広がる米軍相模総合補給廠約214haの一部で、14年9月に国に返還された約17haのうち、道路・鉄道用地を除いた約15haを指す。市は16年8月に「広域交流拠点整備計画」を策定し、同地区の整備に向け調査などを行ってきたが具体的な導入施設などの方針決定には至らなかった。19年4月に改めて市はまちづくり方針の検討を始め、20年にコンセプトを決定。それに基づき市民や学識経験者らの意見を踏まえ方針を検討してきた。加えて、今年3月から4月にかけて1カ月間、パブリックコメントを実施。65人から99件の意見が寄せられ、それらの結果を受けて市は5月に同方針を策定した。

5つの機能を柱に

 同方針では「つながり」をまちづくりのキーワードに、同地区に導入する【1】居住生活【2】商業【3】業務開発共創【4】交流にぎわい【5】交流ハブの5つの機能を設定。これらの機能を通じ、広域から人々が地区に関わり交流することで新たな価値を生み出すとし、導入施設例やイノベーションのイメージなどを示したほか、道路(都市基盤)や景観形成の考え方などを明記。脱炭素社会のまちづくりに向けた取り組みなども盛り込んだ。

 今後、市は同方針に基づいて地区内に導入する具体的な施設の内容や規模、配置などを定める土地利用計画の検討を進める考え。計画策定や実際の整備に着手する時期は未定としている。市相模原駅周辺まちづくり課は「パブリックコメントでは具体的な導入施設のご提案などを多くいただいた。それらを踏まえ、5つの機能を前提に土地利用計画を作る。たくさんのご意見をいただき、この地区に対する市民の期待の大きさを感じている」と話した。

土地利用方針が定められた一部返還地=東西道路の西側から10日に撮影
土地利用方針が定められた一部返還地=東西道路の西側から10日に撮影

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

ごみが3700万円に

南清掃工場

ごみが3700万円に 経済

収入は施設補修費などへ

6月23日号

学ぶ場提供「自主夜間中学」

学ぶ場提供「自主夜間中学」 社会

鹿沼台で 元教員ら講師に

6月23日号

障害者が地元商店会応援

障害者が地元商店会応援 社会

矢部 ホームページ作成「働く場をもっと知って」

6月16日号

土地利用方針を策定

相模原駅北口地区

土地利用方針を策定 社会

キーワードは「つながり」

6月16日号

宇宙に親しむ9日間

はやぶさWEEK

宇宙に親しむ9日間 文化

市内各所でイベント開催

6月9日号

小田急延伸推進協が休止

上溝地区

小田急延伸推進協が休止 社会

新組織「にぎわい創出を」

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook