さがみはら南区版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

『月刊コミックフラッパー』に「げんつき」を連載中の漫画家 アキヨシカズタカさん  南区相南在住 37歳

南区も登場 「ワクワク」描くバイク作

 ○…「当麻に、わさびが自生する場所があるんですよ。あと江の島でイルカが見られるのは知っていますか?」。これらは、漫画に出てくる実在の場所。”相模大野女子高校の原付部”の2人による放課後旅の臨場感を読者に伝えるには、しっかりとしたロケーション設定が欠かせない。ネットやラジオ、地元民への聞き込みを重ねて見つけた、相模原近郊のとっておきのスポット。「主人公が目的地に辿り着く過程が、共感を呼ぶようです」。幼い頃冒険にでかけ、誰もがきっと感じたことのある感覚。バイク漫画「げんつき」は毎月、月刊誌で連載され全国に”ワクワク”を発信している。

 ○…大分県生まれ。小学校の授業で描いた風景画は、知らぬ間に担任によって絵画展に出展された。「全国で入賞したぞ」と言われて、後々本人は知るわけである。大学では漫研サークルに所属し、腕を磨く。単位はほぼ取り、大学院の進学も決まった。しかし、アシスタントの道へ。「モノを一から作りだす仕事がしたかった。そこで自分が選んだのは、漫画家だったわけです」。南台で家賃2万9千円のアパートに住み、食費は月7500円。念願の初の単行本化を果たしたのは、28歳の時だった。

 ○…手がけた作品に多く登場するのが、ミニバイク。200万円以上をかけた、自身の愛車はネジ1本に至るまでカスタマイズされている。「見知らぬ場所に行くのが好き。作品では、その時の高揚感をどう描くかを大切にしています」。沼津(静岡県)あたりまでは、気軽にバイクを走らせる。

 ○…連載作品は来年初め、単行本化される。「話題は極度にローカル。けれども、編集部には全国から感想が来るみたいですね」。”あ〜、ここ「げんつき」に載ってたとこじゃん”。そんなツイッターを目にすることも増えてきた。「今が一番ベスト。先々に余力を残す感じで、作品作りはしませんよ」。毎日、フルスロットルで、ペンを走らせている。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

片山 真さん

相模原南警察署長に着任した

片山 真さん

4月12日号

杉山 愛莉さん

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した

杉山 愛莉さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「さくら」の競演

「さくら」の競演

相模川芝ざくらまつり

4月1日~4月20日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク