さがみはら緑区版 掲載号:2014年5月1日号 エリアトップへ

遺跡 町田にストーンサークル 田端環状積石遺構

掲載号:2014年5月1日号

  • LINE
  • hatena
田端環状積石遺構
田端環状積石遺構

 町田市内の遺跡の中には、祭祀場と思われるストーンサークルも見つかっている。都史跡田端環状積石遺構(小山町3112の2)がそれで、約3500年前〜2800年前の縄文後期中頃から晩期中頃までに連続的に構築された遺構だ。

 大小の自然礫を帯状に積み上げ、長軸(東西)約9m、短軸(南北)約7mの楕円形になっており、その下には墓跡が30基ほどあり集合墓地となっている。祭祀場として使われていたと考えられ、日常用具以外の特殊遺物も多数発掘された。

 長軸を伸ばした先には富士山があり、また冬至には長軸の延長上にある丹沢山系で一番高い蛭ヶ岳頂部に太陽が沈む。中空土偶は、ストーンサークルから数メートル離れた、このような場所で発見された。

 町田市教育委員会生涯学習部の学芸員・川口正幸さんは「冬至を太陽の死とし、墓地をそれにダブらせ、丹沢のピークを介して一直線に並ぶ位置にストーンサークルは作られた。太陽は再び光を増し、夏至に向かって日没の位置は移動する。これが縄文人にとっての『死と再生』のサイクルだろう。そのような宗教的観念を持った集団が中空土偶などを使用して、祭祀を執り行っていたのではないか」と分析する。縄文人が往来の良さや、住み良さからではなく、宗教的な観念を持って『場所』を決めたことが分かる。

 土偶は完全な形で発掘されることは少なく、破壊されるものとして利用した形跡を残している。「人形(ひとがた)のようで人形ではない、人形の形状を借りながらも、現実の人には似せない、何か超越的なもの(カミ)を表現しようとしたのでは」と川口さん。

調査当時の同遺構周辺(赤い点が中空土偶出土地点丸い囲みはストーンサークル)
調査当時の同遺構周辺(赤い点が中空土偶出土地点丸い囲みはストーンサークル)

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

SC、勝ち星逃す

サッカーJ2

SC、勝ち星逃す スポーツ

松本山雅と引き分け

12月2日号

先端ロボットが大集合

京王電鉄×アリオ橋本

先端ロボットが大集合 社会

4・5日にイベント 体験も

12月2日号

食で「地域と選手を元気に」

食で「地域と選手を元気に」 スポーツ

九沢小で応援給食を発案

12月2日号

女性や若者支援へ寄付

国際ソロプチミスト相模

女性や若者支援へ寄付 社会

12月2日号

ノジマステラに声援を

ノジマステラに声援を スポーツ

相模原市民DAY

12月2日号

旭小学校で特別授業

パラ・伴走者青山由佳さん

旭小学校で特別授業 社会

あきらめない心、届ける

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook