さがみはら緑区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

市内児童の所在不明3人 厚木事件受け、調査で発覚

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市で起きた男児遺棄致死事件を受け、相模原市は指針に基づき、虐待のおそれがある児童の一斉点検を行った。対象児童数は1533人。そのうち3人の所在が確認できなかったと12日、発表した。

 児童相談所と市内各区のこども家庭相談課では、学校や保健所などの施設からの情報をもとに、普段から虐待を受ける可能性のある児童の所在確認を行っている。乳幼児健診や予防接種を受診しないケースや、不登校やひきこもりの児童・生徒の家庭訪問で教員が本人を確認しにくい状況にあるという報告があった場合、個別に家庭を訪問。育児相談などで親の心のケアに努めている。

 こうした中、今回の点検の対象としたのは、家庭内暴力やネグレクトなどによる虐待や不登校、ひきこもりなどさまざまな理由で市から支援を受けている児童。所在の確認は、市職員による目視または、対象児童が通う学校や病院などの施設の職員らといった信頼できる第三者からの情報によって行った。厚木市での事件で父親の男が児童相談所にウソの報告をしていたことから点検では、親族からの情報は、所在の確認を決定づける根拠としなかった。

 調査の結果、対象児童1533人のうち所在の確認ができなかったのは、1歳の男児、13歳の女児、外国籍の2歳の女児の3人とわかった。ただ、市はいずれも、過去に所在がわかっている点や第三者から信憑性の高い情報が得られている点などから緊急性の高い事案とはせず、引き続き関係機関と協力し、継続的に調査を進めていく方針。

 今後、市では、こども家庭相談課で年2回、児童相談所で年4回行う支援を必要とする児童の確認をこれまでと同様に実施。記録を取り続け、放置することがないよう徹底する。

 併せて、独自に児童相談所を持つ5県市(神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市)が協力し、点検結果の報告や虐待事案の検証など情報を共有しながら地域間で連携を強めていくとした。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

コロナを灯で吹き飛ばす

津久井湖城山公園

コロナを灯で吹き飛ばす 文化

4万5千球が神秘的に

10月29日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月29日号

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク