さがみはら緑区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

山岳写真家として活動する 三宅 岳さん 牧野在住 49歳

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena

「山の仕事・生活を撮りたい」

 ○…丹沢や北アルプスなどを撮影する山岳カメラマンの第一人者として活躍する。山岳写真家である父親の影響から、プロの写真家を目指した。自身の作品は、自然ばかりでなく、山仕事にスポットをあてたものが多い。それは、若い時に地元で炭焼きの素晴らしさに触れ、その仕事に興味を強く持ったからだ。「山仕事は分業体制でなく、基本的に一人で作業をしなければならず、そこに生きる人の力強さがあります」と、その魅力を説明する。現在は撮影のため、年間100日近くを、山々を巡って過ごす。来年には、自身の集大成となる”山仕事”を題材にした写真展を都内で開催する予定だ。

 ○…25歳の時に地元の音楽家や彫刻家など幅広い芸術家が一堂に会したアートイベント「砂の曼荼羅」を仲間たちと開催した。行政に頼らず、芸術家が自ら企画、運営して成功させたこの催しに”芸術のまち”として街づくりの可能性を強く感じた。以後「ぐるっとお散歩篠原展」、「NPO篠原の里」など地域の様々なイベントに積極的に関わっている。「ジャンルを超えた芸術家が交流して、各々の得意な分野で地域活動に協力している所が藤野の魅力ですね」。

 ○…自然の山々を舞台に活動してきた経験から、リニア新幹線の開通には、残土問題などの観点からマイナス要素が多いと感じている。さらに鳥屋地区に予定される車両基地をはじめ、緑区への影響が少なくないことも懸念する。「開通ありきで、自然や周辺住民の生活への影響など、もう少し丁寧な議論があっても良いのでは」と指摘する。

 ○…奥さんと中学2年生の娘さんの3人暮らし。温かい人間関係、人間らしい自由度が高い暮らしなど、藤野での生活が何より気に入っているという。「藤野の暮らしは自然が舞台。山仕事をする人々に共鳴する部分も多く、取材の時には大いに役立っています」と話してくれた。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

中央区東淵野辺在住 59歳

10月29日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

相模原市出身 56歳

10月22日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月15日号

茅 明夫さん

先ごろ発足した「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の発起人代表を務める

茅 明夫さん

中央区淵野辺在住 70歳

10月8日号

清水 謙二さん

設立30周年目に入った「相模原市ゴルフ協会」の会長を務める

清水 謙二さん

中央区上溝在住 79歳

10月1日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク