さがみはら緑区版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

日本古来の工法を駆使して、自力で地域密着型の拠点施設を建設する 凪(なぎ) 拜倫(ばいろん)さん 牧野在住 32歳

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena

里山生活を世界に発信

 ○…藤野船久保地区との境に位置する上野原秋山地区に、古民家を改修した地域密着型の拠点施設を建設する。「日本にはその風土に適した素晴らしい工法があります。和と洋の良い部分を融合させた施設にしたい」と話す建物は『持続可能な生活』がコンセプト。太陽光発電を導入して電気の大半をまかなう他、外壁には板を焼いて強度を上げる「焼き板工法」、相模湖にある畳店からいらなくなった畳を譲り受けて使用する「古畳工法」を採用するなど、日本古来の工法を重用する。「施設建設には多くの地元の方の協力を頂いています。出来る限り再利用した素材にこだわっていきたい」と話す。

 ○…施設は来春に完成を予定。業者に頼らず、ほとんど自らが設計・工事等を担当する。将来的には30人程が宿泊可能な施設にし、海外からの人を呼んで、農業体験や食文化を伝えるツアーも等も実施したい意向だ。「日本の田舎暮らしを体験したいと思う外国人は多くいます。そういった人たちに日本の素晴らしさを伝えていけたら」

 ○…ドイツ生まれのニューヨーク育ち。早稲田大学に1年間の留学した後帰国、2007年に再来日し、宮崎県職員や東京でのサラリーマン生活を経て、現在は都内で来日外国人の人材紹介会社を経営する。本業に施設建設と忙しい日々を過ごす。「ここは東京と富士山のちょうど真ん中に位置し、都心から1時間という立地に恵まれているので、様々な可能性がありますね」と説明する。

 ○…妻と8カ月の息子、3歳の娘の4人暮らし。東日本大震災の原発事故を目のあたりにした4年前、「エコで再生可能な暮らしが出来る日本の里山生活を送りたい」と豊かな里山の魅力あふれる藤野に移住した。「藤野は素敵な街で、何をするのにも協力的で助かっています。仕事、子育て双方で住民の方に助けてもらっています」。支えてくれる”人”も魅力的だ。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区相模原在住 42歳

3月26日号

高城 昌孝さん

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している

高城 昌孝さん

橋本在住 46歳

3月5日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

橋本在住 24歳

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク