さがみはら緑区版 掲載号:2018年11月8日号 エリアトップへ

石老山を中心とする津久井の山並みを「心深く…相模の寝姿観音」というタイトルで情感溢れる歌にした 夕凪 禅次郎さん 鳥屋在住 55歳

掲載号:2018年11月8日号

  • LINE
  • hatena

「津久井の情景に思い込め」

 ○…地域を代表する登山スポットである「石老山」。その周辺の山々の稜線は、三ヶ木地区から眺めた時、横たわった観音様に見えることから、古くから地元住民に「寝観音」として親しまれている。この風景を歌にして『心深く…相模の寝姿観音』を作曲した。メロディーは和風に優しく仕上げた。「地元の人が、それぞれに思いのある石老山などの津久井の山々を思い出せる曲。多くの人に聞いて欲しい」と呼び掛ける。

 ○…「この寝観音を津久井城と並ぶ、地域を代表する観光スポットに」と、『相模の寝姿観音』と名付け、PR活動に力を入れる地元印刷会社の秋本敏明さんが作曲を依頼。秋本さんの妻・敦子さんが詠んだ2つの短歌を元に曲を作った。「最初は2番までだったが、津久井の春夏秋冬をイメージした曲にしたくて、2つ短歌を追加して詠んでもらった」と紹介する。

 ○…中央区で接骨院を営んでいたが、44歳の時に「後悔のない人生を」とそれまで趣味で活動していた音楽をプロとして独立すべく行動を起こした。活動は都内でのライブ活動を中心に、宮ヶ瀬のクリスマスツリーをイメージした曲や地域の店舗のコマーシャルソングなどを手掛けるなど幅広く活動する。「津久井には素晴らしい名所が数多くある。今後もそうしたスポットの曲を作っていければ」

 ○…中央区生まれ。昨年末の結婚を機に津久井に転居した。「市内の高校出身で、津久井には友人も多く親しみがあった」と話す。現在はシンガーソングライターである妻のちとみさんとともに、音楽教室の「子田音楽工房」を開く。「住んでみると、地域住民が温かく、とてもつながりが深い地域。今後も何か津久井の役にたつことが出来れば」と話した。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

橋本在住 24歳

2月6日号

牧瀬 稔さん

「シビックプライドの推進に関する検討委員会」の委員長を務める

牧瀬 稔さん

橋本在住 45歳

1月30日号

大橋 千景さん

サークル「わらべうたボランティア『つくしちゃん』」の代表を務める

大橋 千景さん

中央区淵野辺本町在住 61歳

1月23日号

市川 雄士さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)2020年度の新理事長に就任した

市川 雄士さん

緑区在住 36歳

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク