さがみはら緑区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

ピアニストで、5月23日に初めてのミニアルバムをリリースする 大塚 恵美さん 中央区矢部在住 29歳

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

ピアノで感謝と夢届ける

 ○…「一曲一曲に大切な人たちを思う気持ちを込めました」。5月23日に初のミニアルバムをリリースする。2年前に相模湖交流センターで行われたピアニスト・国府弘子氏のワークショップで、作曲の才能と柔らかな音色が評価され、瞬く間にデビューの運びに。「ずっとピアニストに憧れていた。迷いはなかった」とまぶしい笑顔を見せる。

 ○…ピアノを始めたのは3歳の頃。楽譜にとらわれず気持ちのままに演奏することが大好きだった。だが、進んだ音大では楽譜に沿って技術を磨くことが求められ、必死に応えたが、「自由に演奏したい」と戸惑いも感じていた。そうした中、学校のイベントで、クラシックやジャズ、ポップスなど多様な要素から成る国府氏の曲を耳にした。「国府さんのように好きな音楽をやりたい」。プロに憧れるも自信を持てずに一旦は諦め、もう一つの夢だった指導者の道に。市内の小学校で非常勤で音楽を教える傍ら、趣味で曲を作っていたのが奏功し、夢が現実となった。

 ○…実は体育会系。学生時代はバドミントンに熱中した。今も当時の仲間と「おばトミントン」と題して打ち合う。最近はスマートフォンでの撮影が楽しみで、構図や光量を工夫して納得のいく一枚に仕上げる。CDジャケットには自身が撮影した写真が採用された。

 ○…デビューを果たした一方で、講師も続ける。子どもとの交流は活動の源であり、音楽を純粋に楽しむ心を思い出させてくれる。そして、プロの道を応援してくれる彼らの思いに応え、夢を与えることを自身の役目に据える。「今後は曲や演奏の場を増やし、地元でももっと演奏したい。そして周りへの感謝を忘れずにいたい」。「気持ちは音に表れる」という思いを胸に、感謝と夢を音にのせ、今日もピアノを奏でる。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

三樹 三一(みつかず)さん

ボランティア団体「三太の里共和国」の第6代大統領を務める

三樹 三一(みつかず)さん

三ヶ木在住 70歳

5月23日号

伊藤 信吾さん

2019年度の神奈川県弁護士会会長に就任した

伊藤 信吾さん

中央区富士見在住 55歳

4月25日号

田中 裕二さん

4月から市青年工業経営研究会(青工研)の2019年度会長を務める

田中 裕二さん

中央区小町通在住 41歳

4月18日号

稲本 潤一さん

元サッカー日本代表で、今季SC相模原に入団した

稲本 潤一さん

中央区在住 39歳

4月11日号

市丸 克己さん

相模原市青少年指導員を務め、4月で20年目を迎え、現在は会長としても活動する

市丸 克己さん

中央区上溝在住 67歳

4月4日号

渡辺 真維さん

LGBTs支援団体「からふるテラス」を設立した

渡辺 真維さん

相模原市在住 33歳

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク