さがみはら緑区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

東京五輪に向け、ネパールオリンピック委員会から選手のトレーナーを依頼された 岡川 智行さん 東橋本在住 39歳

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

スポーツ愛で人脈広げる

 ○…2020年東京五輪に向け、ネパール選手のメディカルサポートとフィジカルトレーニングを任された。「開催地が東京に決まった時から、何かに携わりたかった」。SNSなどを活用して人脈を広げ、自分を売り込んだ。そして、ネパール人空手道選手のパーソナルトレーニングを請け負った縁から、今年7月に代表選手らのトレーナーとして声がかかった。

 ○…栃木県宇都宮市出身。幼い頃からスポーツはするのも観るのも好きだった。小学校でサッカー、中学ではバスケットボールに熱中。一方で、副会長を2期務めるなど生徒会活動にも勤しんだ中学時代を振り返り、「自分で言うのもなんだけど、優等生だった」とおどけてみせる。高校では「ずっとしたかった」ボクシングに打ち込み、推薦で帝京大学へ。親が体調を崩し中退を選ぶも、そこからプロを目指し日本A級ライセンスも取得した。

 ○…リングに立つ中で体のことに関心を持ち、ボクシングと並行して八王子の専門学校で鍼灸を学ぶ。やがて「上には上がいる」と限界を知るとグローブを吊るし、数年の下積みを経て2008年、独立し東橋本で岡川鍼灸院を開院。一橋大や津田塾大などでのトレーニング指導、トップアスリートのケアなどに出向くほか、院では体の不調に悩む地域の人に対し日々施術を行っている。

 ○…「純粋に楽しむにしても、結果にこだわるにしても、スポーツはすばらしい文化」。愛するスポーツを通じての、子どもとアスリートの交流を望む。「言葉が通じない外国の人とふれあうのにはスポーツは手っ取り早い。一緒に楽しめば英語教育にもつながる」。自身が培った人脈で外国人のアスリートを教育現場に招き、ふれあいの場を創出するような取り組みにも意欲を見せている。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

久保 武史さん

公益社団法人津久井青年会議所(JC)第40代理事長に就任した

久保 武史さん

中野在住 39歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

岩崎 正さん

11月に、市内の飲食、宿泊組合らが立ち上げた新団体の会長に就いた

岩崎 正さん

町田市在住 60歳

12月24日号

大野 幸治さん

このたび相模原市少年鼓笛バンド連盟の会長に就任した

大野 幸治さん

南区旭町在住 49歳

11月26日号

草野 佑太さん

1月に発足したバスケットボールチーム「相模原プロセス」の代表を務める

草野 佑太さん

南区相模大野在住 23歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク