さがみはら緑区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

藤野が誇る児童文学者として吉野宿ふじやで企画展が開催されている 丘 修三さん(本名:渋江孝夫さん) 名倉在住 78歳

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena

独自の世界観 子ども魅了

 ○…郷土在住で日本を代表する児童文学者を紹介する企画展が12月1日(日)まで、吉野宿ふじやで開催されている。ペンネームの『丘修三』は「世の中どこか『オカシイゾ』」をもじってつけた。独自の視点から子どもたちの感性に訴える著作は評価が高い。11月17日(日)、23日(土)、24日(日)の午後1時30分からは自身も参加する朗読会が開催される。「自分の作品を読むのは照れるが、私の作品の朗読を聞いて個々に何か感じていただけるものがあれば嬉しい」

 ○…大学で障害児教育を学び、国立、都立の養護学校の教師として25年勤務した。42歳の時、病気入院中に児童文学に目覚め、以来50冊近い本を出版。作品は短編小説が多く、中でも、障害者のありのままの現実を描き、日本児童文化学者協会新人賞、坪田譲治文学賞や新見南吉文学賞を受賞した名作『ぼくのお姉さん』も6作の短編で構成されている。「障害者を扱った作品は彼らをいたわるという視点のものが多い。そんな中、健常者の彼らに対する差別や視点をありのままに書いた」と紹介する。

 ○…趣味は絵画に俳句、書など幅広い。1995年に府中市から転居。4人の孫を持つ優しいおじいちゃんでもある。「藤野は自然豊かな住むには素晴らしい場所。芸術家の方も多く在住していて、執筆活動にも適している」

 ○…ここ数年は主宰する文芸誌『はやし』などを通じて、後進の育成に力を注ぐ。「もう少し言語力と構成力を勉強して欲しい」と若手作家に注文を付けるが、斬新な着眼点やストーリー展開は素晴らしい素質をもつ作家が多いという。「我々世代とは感覚が違うが、良い作品は数多くある。昨年も『はやし』から2人が本を出版できた」と嬉しそうに話した。
 

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

市川 雄士さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)2020年度の新理事長に就任した

市川 雄士さん

緑区在住 36歳

1月16日号

芝野 虎丸さん

史上最年少で囲碁の名人位を獲得した

芝野 虎丸さん

南区上鶴間本町出身 20歳

1月1日号

日比 澄恵さん

語りと読み聞かせサークル「おはなしの森」の代表としてボランティア活動する

日比 澄恵さん

元橋本町在住 48歳

12月19日号

倉木 健治さん

ローイングチーム「湖猿」の代表として東京パラ代表候補を指導する

倉木 健治さん

愛川町在住 37歳

12月12日号

野呂 正人さん

相模原道志川流域キャンプ場経営者協議会の代表として復興に尽力する

野呂 正人さん

青野原在住 65歳

12月5日号

伊藤 勉さん

城山地区「お出かけの“わ”委員会」の委員長として地域福祉に努める

伊藤 勉さん

川尻在住 71歳

11月28日号

高橋 律(ただし)さん

津久井在来大豆を使った醤油しぼりをボランティアで行う

高橋 律(ただし)さん

千木良在住 71歳

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク