町田版 掲載号:2012年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

瑞宝単光章を受章した 菊池 和博さん (株)松田設備(野津田町)社員 59歳

いつまでも現場で輝く

 ○…「章が大きすぎてどれだけすごいのか分からないよ」。30年以上にわたり配管工一筋に水道設置などに携わってきた。「かけっこの一等賞なら分かるんだけどね。家族もびっくりだよ」とニッコリと笑う。皇居で皇太子陛下を前に、そして大きな額にも驚いた。「俺がもらっていいのかな」と正直に話す。

 ○…北海道雨竜郡沼田町生まれ。札幌まで車で4、5時間の場所で、「冬はスキーしかすることがなかったよ」。小さい頃は身体が弱くよく寝込んでいたという。大きくなるにつれ腕白になり、「子どもがすることは、全てしたかな」と笑う。中学卒業後、寿司職人の修行のために札幌へ。「東京へのあこがれがあったのかな。東京に遊びに行ったらそのまま居ついてしまった」。28歳の時に松田設備に入社した。

 ○…「うちで働かないか」と現在勤める松田設備社長から言葉をもらう。「救いの神です。その言葉がなかったら今の自分はいない。充実して働ける場をもらった」と振り返る。デスクワークよりも現場を大事にする。忙しさの中に充実感を見出し、現場責任者として、一つひとつの仕事を安全にそして完璧にこなしていく。「水が出て当たり前の仕事だからね。でも家が完成しただけでは生活できないでしょ。水道が流れて初めて生活が始まる。血液みたいなものかな」

 ○…休みの日は奥さんと出かけることが多い。「あっちプラプラ、こっちプラプラみたいな感じ。買い物行ったりカラオケしたり」。最近はちょっとご無沙汰だそうだが、毎週のカラオケで気分転換。十八番は吉幾三さんの演歌。「体がついていけるまで現場にいたい。やれるところまでやりたいね」。仕事を取り巻く技術は日進月歩で、「今でも勉強ですよ。新しい技術が開発されているからね。勉強しないとすぐに分からなくなってしまう」。「70歳まで仕事して少しでも会社に恩返しできれば」
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク