町田版 掲載号:2012年8月16日号
  • googleplus
  • LINE

玉川学園商店街発の絵本「へびしんさん」の著者 北條 保子さん 南大谷在住 62歳

”街の記憶”掘り起こし絵本に

 ○…「文章を書くことになるとは思いもよらなかった。褒められたこともなかったし」。玉川学園でブティックを経営し、約30年。商店会で地域の”町おこしプロジェクト”に関わるうち、絵本を自ら創作・執筆することに。「構想期間を入れると2年以上かかったかも」。ヘビが多く生息するという玉川地区に実在した、マムシ取りの名人をモデルに、町のいわれや歴史など、文献を調べ、年輩者に話を聞きながら、「寝ても覚めても物語のことばかり」。思いついたらすぐメモができるよう、枕元にも紙とペンを置いていた。

 ○…「『ヘビは嫌いだからやめて!』という人もいたけど、”ヘビたち”に助けられた」と笑う。絵を手掛けたアニメ演出家の息子さんの「『えっ何これ』って思われるものの方が面白いんじゃない」という声に励まされ、文章表現は、知人の詩人・堀雅子さんに助けられた。「商店会長の音頭取りや思い入れも、大きな力になりました。協力者は息子を含め、ほとんど巳年の人だったのよ」

 ○…昔の緑豊かな風景の描写は、幼少期を過ごした岩手・一関の記憶も役立ったという。今回の執筆は、自らにとってもルーツを思い返す機会になった。母は新聞投書などを積極的に行い、「大阪空襲を記録する会」を立ち上げるなど、自ら地域の語り部として活躍した。「今回のことで、兄弟からは『血は争えない』といわれましたが、とんでもない。改めて母の凄さを感じました」

 ○…完成した作品は今年2月、2千部を配布。「年輩の方が喜んでくれたのが、うれしかった」と声を弾ませる。「70代以上の方が、子ども時代の体験をしゃべってくれたんだけれど、やっぱり、経験者の”生の話”は面白い。いっぱい記憶を持っているのよね」。絵本は、好評を受け、「商品」として店頭に並ぶことに。「年輩の方から記憶を聞き出すきっかけになれば」と期待を寄せる。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク