神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2013年10月17日 エリアトップへ

桜美林大学陸上部の初代駅伝監督に就任した 真也加(マヤカ)ステファンさん 小山田在住 40歳

公開:2013年10月17日

  • LINE
  • hatena

心にいつも「チャレンジ」を

 ○…「ゼロからのスタート」―。桜美林大学で今年4月に立ち上がった駅伝チーム。大学生時代に4年間走った箱根路に「教え子たちを連れて行くのが夢」。誰もが出来る事ではない。現在陸上部には17人の部員がいるが、長距離選手は不在。勧誘のため各地の高校を回る日々だ。「色々回りすぎて相手の顔を覚えるのが大変。相手はみんな僕を知っているんだけど」と笑う。「強いチームを作って、ケニアと日本の架け橋に」。自分だから出来ることにチャレンジする。

 〇…1990年に駅伝の強豪校に交換留学生として来日した。「『日本に遊びにおいで』という感じだったんで、先生と一緒に来たんだけど」。最初は1カ月で帰る予定だった。「でも帰ったのは先生だけ。僕はそれからずっと日本にいるよ」と当時を振り返る。「いつも大会があって、その為の練習や準備に明け暮れて…その合間に日本語の勉強。僕の人生、常にチャレンジだね」。山梨学院大学に進学し4年間、箱根、出雲、全日本大学駅伝ほか様ざまな大会に参加し、区間新など結果を残した。

 〇…ケニア南部に生まれる。9人兄弟の7番目。学校が終わると、兄弟みんなで農家の両親を手伝った。高校クロスカントリーで頭角を現し、県の代表に。日本から来たスカウトを受けに37キロメートル走って駆け付けた。「面接かと思ってたのに、いきなり靴を渡されて、1万メートルのタイムトライアルをさせられたよ」とニヤリ。「あそこで37キロ走らなかったら、駅伝はやらず、国で警察官になってたかな」

 〇…趣味はやはり走ること。毎朝「尾根緑道」をジョギングする。奥さんもアスリート。世界陸上女子マラソンの日本代表だった。「調べてときどきケニア料理を作ってくれるんだ」と照れながら話す。二人の間には一女一男。「この間ようやくとれた休日に、山梨にぶどう狩りに行ったよ」と父親の顔をのぞかせた。
 

町田版の人物風土記最新6

大槻 達也さん

町田を拠点に学校運営にあたる桜美林学園の理事長に就いた

大槻 達也さん

武蔵野市在住 65歳

6月13日

笹川 隆史さん

保育園の調理師で、「給食メニュー」を販売する

笹川 隆史さん

中町在住 42歳

6月6日

藤野 あおばさん

パリ五輪に出場するサッカー日本女子代表としての活躍が期待される

藤野 あおばさん

町田市在住 20歳

5月30日

鈴木 志歩さん

街を代表する商店会の1つである町田仲見世商店街の会長に就いた

鈴木 志歩さん

町田市在住 49歳

5月23日

飯島 保彦さん

町田市消防団の団長に先月、就任した

飯島 保彦さん

相原町在住 58歳

5月16日

小池 愼一郎さん

町田市教育委員会の教育長に先ごろ、就いた

小池 愼一郎さん

横浜市在住 62歳

5月2日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook